日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『しくじり先生』峯岸みなみの神回授業

『しくじり先生』峯岸みなみの神回授業!「人生を港区に溶かしていた」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『しくじり先生』峯岸みなみの神回授業!「人生を港区に溶かしていた」の画像1
『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)Twitter(@shikuzirit)より

 1月3日の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)であるが、放送前から神回を確信していた。今回、講師として登場したのは峯岸みなみである。

 ワクワクしかしない人選だ。まず、彼女は頭の回転が速い。加えて、AKB48の卒業メンバーがゴチャゴチャしているタイミングで、峯岸が『しくじり先生』に出るというのも申し訳ないが面白すぎる。さらに、生徒側には元AKBの横山由依とHKT48の矢吹奈子がいるという座組。直の後輩の前で事の顛末を話すというのも、ヒリヒリするシチュエーションである。

 峯岸が姿を現すと、レギュラー陣から歓声が起こった。

吉村 「ついに!」

澤部 「最終回だ!」

若林 「しくじってるっけ?」

「しくじってるっけ?」は無理がありすぎる。ハライチ・澤部佑が言ったとおり、本当に最終回でもおかしくないキャスティングだ。ある意味、ラスボス的存在というか。

「実はですね、『しくじり先生』の先生側のオファーはかれこれ10年ほど前から幾度となくいただいていたんですけど、当時はAKB48というアイドルグループに属していましたので、まだ語るには早いのではないかということで、延びに延びてこの日を迎えました」(峯岸)

 AKB在籍中にオファーを出した番組側もどうかしている。というか、あれから10年という事実に震えた。今回の『しくじり先生』が、この時点でもう面白い。

峯岸の飲み歩きエピソード「バーで居合わせた方が後日逮捕された」

 峯岸が振り返るのは、2013年1月に起こしたしくじりである。

「スキャンダルが報道され、坊主頭で号泣謝罪」

 繰り返すが、もう10年も前の出来事だ。わざわざ、掘り起こす必要はない。でも、本人は「10年いろいろあって、ここに笑って立てている自分が、どう頑張って今こうやって過ごせているのかを皆様にお伝えしたい」というモチベーションを持っているらしい。

澤部 「ご主人(東海オンエア・てつや)に言ってるの?」

峯岸 「はい。“『しくじり先生』やってくる”って話はしました。“ついに?”って言ってました」

「しくじり先生やってくる」(峯岸)「ついに?」(てつや)という夫婦の会話。夫もわかってるリアクションだ。

 しかも、彼女のしくじりは1つだけではない。現役アイドル時代、夜の街での遊びはたびたび報じられていた。

「例えば、六本木のクラブで誕生日会が行われたVIPルームに顔を出してスクープされたりとか、バーで居合わせた方とその場で話しただけなのに、その方が後日逮捕されたりとか」(峯岸)

 なんて、エピソードなのだろう。というか、そんなことあったっけ? こっちはすっかり忘れているし、坊主頭の衝撃でかき消されていたはずが、自分で蒸し返していく峯岸のスタイル。しかも、どちらも2019年の出来事だ。号泣謝罪(2013年)より後にやらかしていたという事実が注目に値する。完全に悪癖を絶つのは、やはり難しかったか。

峯岸 「よくあることですよね? 飲んでた方が逮捕されるって」

澤部 「ないないないない!」

 そんなに頻繁にはないと思う。さっきから、峯岸が予想より深く踏み込んでいる。

オードリー若林がアイドル番組で行う“格差いじり”は、是か非か?

 ここから、峯岸は“しくじり坊主”になるまでの経緯を振り返った。13歳のときにAKBの1期生オーディションで合格した彼女。しかし、デビューから2~3年は「まったく陽の当たらないバックダンサー生活」だったという。

 とはいえ、2008年には小嶋陽菜、高橋みなみとユニット「ノースリーブス」のメンバーに選ばれた彼女。ここから少しずつバラエティ番組に呼ばれるようになったが、そこで峯岸は“ブスいじり”を受けるようになってしまった。

「バラエティ番組に出ると、毒舌な方に『お前はブスだ』って言われたり、私を雑に扱った後に人気メンバーを丁重に扱うような“格差いじり”をやられたり。『これが求められていることなのか』と自分に言い聞かせてはいたものの、心の中では泣いていました」(峯岸)

 このへんは、モーニング娘。のバラエティ番組の出方の名残りを感じる。今、例えば乃木坂46には絶対やらないやつだろう。「これはおいしいポジションなんだ」と思い、嬉しく思った時期もあったが、数年後に彼女はこんなことに気付かされた。

「若い頃に受けた『ブスいじり』は、じわじわとボディブローのように効いてくる」

 当時は「テレビに映れた」「笑ってもらえた」という嬉しさから自分を保てていたが、数年後、彼女は自分のことを「私ってブサイクだな」「自分はアイドルに向いてないんじゃないかな」と思うようになっていた。その根源にあったのは、かつて受けた“ブスいじり”である。

 これがまだ20代前半の経験だったら割り切れたかもしれないが、峯岸がノースリーブスでデビューしたのは16歳の頃。自我がまだしっかりしていない10代の子が、演出とはいえ自分の存在を軽視され続けたら、心にダメージを負うのは当然だ。貶されているのに「おいしいと思わなきゃ」とスイッチを変えようとするのも、余計につらかったと思う。

峯岸 「ちなみに、若林さんや澤部さんはアイドルグループの番組のMCをやられていますが、メンバーを特別扱いしたり、そういう笑いはやってませんか?」

若林 「メチャメチャやってるよ、俺。メチャメチャひいきしてるもん」

峯岸 「それはよくないです。それは数年後、効いてきます」

若林 「いや、『数年後、効いてこいや』って思ってんのよ。だって、視聴者に向けてやってんだもん、こっちは。それでギャラもらってんだから。だから、ひいきはするけど『君は退がってて』とかやりますよ」

峯岸 「それは、『退がってて』って言われた子は、港区で薬漬けになっちゃいます」

「ブスいじりはボディーブローのように効いてくる」はわかるが、「ひいきされなかった子は薬漬けになる」の切り返しがすごすぎる。なぜ、急に港区で薬漬けになるのか? 言葉のチョイスがエグすぎるし、あたかも自分が薬漬けになったみたいな言い分だ。

 あと、峯岸と若林の討論(?)について。ひいきする若林の現行犯が見つかったような展開であり、「テレビに映れているから」を大義名分に“ブスいじり”を肯定する若林がパッと見はズレているように見える。

 ただ、日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)での若林の司会術を見るとわかるが、彼はひいきはすれども容姿いじりをしたことはなかったはずだ。「君は退がってて」と言われるメンバーも「退がってて」と言われたくて若林と絡んでいるし、峯岸の言う「ひいき」と若林の言う「ひいき」は内容が別物と把握する必要がある。若林に関しては、まさに彼が言ったとおり、全員にシュートを打たせるための「ひいき」だ。それどころか、正味の話、MC・若林は“富田鈴花びいき”とも言えるはず。逆もまた真なりというか。

 あと、“ひいきされないポジション”にいた峯岸がショックを受けた要因は、「AKBでは自分が1番」と思っていたバラエティのシマに、後輩の中から指原莉乃という存在が出現、ブレイクしてしまった事実が大きい気がする。

 つまり、語るには一筋縄ではいかない問題なのだ。

峯岸みなみは本当に人気がなかったのか?

 峯岸が17歳の頃、AKBは「ヘビーローテション」を大ヒットさせた。この曲のMVで、峯岸はソロショットが0秒だったそう。こう言うと散々な扱いだったように受け取られがちだが、彼女はそもそも選抜に選ばれているのだ。非選抜から比べると、雲の上の存在。ソロショット0秒のメンバーなんて、他にも山ほどいたし。

 注目は、HKTのセンター・矢吹と峯岸の絡みである。

峯岸 「奈子ちゃんはわからないのか、この気持ちが」

矢吹 「ちょっとごめんなさい、わからなかった……」

 矢吹が峯岸をエグり、格差を見せつけたようなやり取りだが、正味の話、世間的な認知度や需要は圧倒的に峯岸のほうが上だろう。

 でも、それが峯岸にとってはジレンマだった。彼女を苦しめていた要因として、「知名度の割に人気がない」という境遇があったようだ。

「名前は知られてるのに握手会にあんまり列ができなかったり、それがリアルに見えるのが日々つらかったですね。『私のバラエティでの頑張りって何になってるんだろう?』って」(峯岸)

 正直、握手会人気は握手会人気でしかなく、芸能界で生き残れるか否かとは別の話なのだが、当事者・峯岸はこの現実に食らってしまった。その流れの最たるものは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の映画化だ。そもそも、作者の岩崎夏海は「この作品のヒロインのモデルは峯岸みなみ」と公言していたのに、映画化するにあたり主役に選ばれたのは前田敦子だった。

 生徒側にいる宇垣美里に、峯岸は質問した。

峯岸 「宇垣さんは、『知名度があるのに、私意外とモテないな』という思いをされたことはありますか?」

宇垣 「あ~、でも、モテようと思ったことがないので」

峯岸 「……」

澤部 「モテちゃうから」

宇垣 「そうですね」

峯岸 「ちょっと、生徒って今から替えたりできますか? 共感してくれる人が少なくて」

 ルッキズムやアイドルビジネスの構造について踏み込んでいる、今回の『しくじり先生』。しかし、生徒役にルッキズムをものともしないエリートを配したことで、番組そのものにメタ的な“ブスいじり”が発生しており、見ていてなんとも言えない気持ちになった。

 というか、峯岸は本当に人気がなかったのだろうか? 2012年のAKBは、まさに絶頂期。同年にリリースした「フライングゲット」のヒットにより、総売上枚数は1315.5万枚に到達。この時点で、モー娘。の総売上枚数1180.8万枚を抜き去り、女性グループ初の2年連続レコード大賞受賞という偉業も成し遂げた。しかし、当時の峯岸は「私は何も貢献していない」と感じていたらしい。

「神7と呼ばれるメンバーたちがAKB48を引っ張ってくれているのを中にいると強く実感していて、『自分1人いなくても、AKBはレコード大賞を獲れたんだろうな』って。『私って貢献できてないな』と思うようになっていました」

「この人たちに食わせてもらってるんだって思いもありました」(峯岸)

「自分がいなくてもグループは回る」は、まさに一般の企業に務めるサラリーマンと同じ心境だ。

 ちなみに、「フライングゲット」の頃に開催された総選挙の順位を確認すると、峯岸は松井珠理奈の次に位置する15位にランクイン。神7には入れずとも、実は人気のあるメンバーだった。そもそも、ノースリーブスに抜擢された事実がすごいことだ。さらに、峯岸のファンであった東海オンエア・てつやと結婚しておきながら、「人気がなかった」と言うのも自虐しすぎな気もする。

123

『しくじり先生』峯岸みなみの神回授業!「人生を港区に溶かしていた」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真