日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室奈美恵復帰説の“関係者”

安室奈美恵の復帰説、定期的に浮上…裏で糸引く“関係者”の悪辣な正体

文=手山足実(てやま・あしみ)

安室奈美恵の復帰説、定期的に浮上…裏で糸引く関係者の悪辣な正体の画像1
いまもなおファンから熱烈な支持を受ける安室奈美恵(Getty Images)

 定期的に囁かれるのが、2018年に引退した安室奈美恵の復帰説だ。直近では、「女性自身」23年1月17日・1月24日合併号(光文社)で、韓国エンタメ界において安室復帰計画が水面下で動いていると報じられた。しかし、この話について多くの業界関係者は懐疑的である。

「安室さんは、金輪際表舞台に立たないという覚悟を持って引退したと言われています。金銭的に苦しくて、活動を再開しないと生活ができないという状況でもないし、復帰する理由がまったくない。熱心なファンは今でもたくさんいますが、日本を差し置いていきなり韓国で復帰されたところで、日本のファンは戸惑うばかりでしょう。少なくとも日本のファンが望まない形での復帰はありえません。そもそも本当に復帰計画が進んでいるのであれば、相当なトップシークレットになるはずで、こんな形で情報が漏れることはない。漏れている時点で、信憑性に疑いがあるということだと思います」(音楽事務所関係者)

 安室の意思は固いというのが多くの音楽関係者の見方ではあるものの、頻繁に復帰説が浮上しているのも事実だ。

「安室さんのデビュー日であり引退日である9月16日には、地元・沖縄で安室さんの楽曲とともに花火が打ち上がるイベントが毎年開催されています。22年は天候不良で途中で花火は中止となってしまいましたが、安室さんが登壇するのではないかとの噂も流れました。一応、安室さんは現場にいたという情報もありますが、結局、真実は闇の中。このときも復帰説が流れていました」(芸能記者)

「週刊女性」2023年1月31日号(主婦と生活社)では、今回の韓国での安室復帰説の裏側について報じられている。記事によると、安室に近い数人の関係者が本人不在のなかで復帰計画を進めているという。その関係者のひとりが韓国エンタメ界とのパイプを持っており、“韓国での復帰”という話になったとのことだ。

「この安室に近い関係者というのは、どうやら安室さんが現役時代に一緒に仕事をしていたレコード会社関係者のようです。安室さんは、もともとライジングプロダクションからデビューし、15年に退社していますが、そのころから仕事をしているレコード会社関係者複数人が、安室復帰計画を練っているとのこと。ことあるごとに、復帰説がマスコミを騒がせるのも、彼ら関係者が動いているからだと言われています」(同)

 安室復帰計画を練る関係者たちの目的は何なのか。

「単純に、安室さんでビジネスをしたいというだけのことでしょう。安室さんは多くの固定ファンがいるので、定期的にツアーを開催するだけで、ビッグマネーが動く。さらに言えば、揺るぎないファンがいれば、宣伝費などを掛ける必要もなく、安定した売上が見込めるわけです。

新人を発掘・育成してヒットさせるには、結構なリスクを伴いますが、安室さんを担ぎ出せばイージーに稼げますからね。そのうえ、熱心なファンが喜んでくれるなら万々歳。しかしながら、安室さんの引退の意志は固く、簡単に復帰することはない。だから、いろいろな情報を出して、世間の“安室待望熱”を高めようとしているのでは」(前出・音楽事務所関係者)

 関係者たちが商機を狙って、本人不在のなかでうごめいている安室奈美恵の復帰説。一般人となり穏やかな生活を送っているであろう、安室本人はどう感じているのだろうか。

手山足実(てやま・あしみ)

手山足実(てやま・あしみ)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2023/01/20 20:00

安室奈美恵の復帰説、定期的に浮上…裏で糸引く“関係者”の悪辣な正体のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真