日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 男前対応に朝から癒やされる

田村真子アナの男前対応に朝から癒やされる

田村真子アナの男前対応に朝から癒やされるの画像1
田村真子 TBS 公式サイトより

 3月31日放送のTBS系『ラヴィット!』で田村真子アナウンサーが男前な姿と可愛い姿を見せていた。

 この日のオープニングコーナーでは、放送2周年を祝して視聴者からのリクエストに応えた。

「またみんなでアニマルパラダイスをしてほしい!」「野生爆弾のくっきー! さんがやるアニマルパラダイスが大好きです」と視聴者からのリクエストが読み上げられると、司会の麒麟・川島明やくっきー!の顔は真顔に。

 この「アニマルパラダイス」はお笑いコンビ・きつね考案のダンスで動物のなりきりグッズを着用し、全力で自己紹介するというもの。初めてロケで行った際にはとんでもない空気になりくっきーはブチギレ、スタジオもドン引き状態だった。

 その後スタジオでも「アニマルパラダイス」にチャレンジしやはり、冷え切った空気になると川島は「せっかく大事に育てた『ラヴィット!』が終わった」と倒れ込み、番組を終わらせるコーナーとして恐れられている。

 スタジオにはきつねが登場。アニマルパラダイスの餌食となるメンバーは、くっきーが選出することになった。

 選ばれたメンバーは当然嫌な顔をするのだが、最後に名前を呼ばれた田村アナは「えーー!」と戸惑いの表情を見せるもすぐに「やるなら早くやりましょう!」と切り替え、「このあとこちらのメンバーで、アニマルパラダイス披露です!」とCMを振った。

 あまりの潔さに川島は「やるならやりましょう……」と田村アナの言葉を繰り返し、ネット上でも「皆がやりたがらないアニマルパラダイスをあんたって人は…カッコよすぎるよ」「田村アナかわいいのに男前」「まこちゃんかっけぇ!」「田村アナ腹括るの早すぎて好き」と、惚れこむ視聴者が続出していた。

 番組マスコットキャラクターのラッピーもスタジオに登場し、アニマルパラダイスがスタート。

 田村アナはウサギの耳と鼻と手を付けて「私はぴょんぴょんウサギ! ラッピーと一緒のウサギだよ! 干支はウサギ年! ラッピーと一緒に跳ね上がろう!!」と全力で自己紹介。やり切っていた。

 もちろん地獄の空気となりやらされた芸人はブチギレていたのだが、田村アナのウサギ姿は「カオスな中、真子ちゃんかわいい」!」「真子ちゃんのウサギのコスプレ、とてもかわいい~すごく似合う~」「田村真子アナウンサー、可愛すぎる」と視聴者の癒しとなっていたようだ。

 付けていた動物の耳を投げ捨て川島たちがキレているとき、田村アナも自分の耳を放り投げたのだろうか、床にウサ耳が落ちていた。一緒になって一応キレる態度を示す田村アナも微笑ましい。

 地獄の空気の中、一筋の光となっていた田村アナだった。

 

 

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2023/04/03 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

春ドラマ開始! 今クール一番人気は?

2023年も4月に入り、新ドラマが続々とスタートを切っている。あの作品の評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

“レンタル家族”の是非を問う映画

 血縁関係のないキャストが集まり、家族を演...…
写真
UPCOMING

る鹿、彼女が見た「正夢」

 モデルとして活動しながら、自身が立ち上げたブランド「DEERTRIP」のディレクターを務め、2021年1月にはゆらゆら帝国『空洞です』のカバ...…
写真