日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 乃木坂46黒見明香、解説者デビュー

乃木坂46黒見明香、MLB中継で「解説者」デビューもある疑惑

乃木坂46黒見明香(公式サイトより)

 エンゼルスの大谷翔平が出場した4月22日のロイヤルズ戦にて、乃木坂46・黒見明香が初のMLB解説に挑戦したことが話題を呼んでいる。

 黒見はインターネット放送ABEMAの野球中継スペシャルサポーターを務めており、野球好きメンバーで結成された『乃木坂野球部』にも在籍。コナミから発売されているリアル版プロ野球ゲームシリーズ『プロ野球スピリッツ』(通称・プロスピ)を暇さえあればやり込んでいることは、ファンの間では有名だ。

「驚かされたのは、黒見がゲストではなく、解説者として紹介されていたこと。しかも、乃木坂野球部でコーチを務めた元プロ野球選手の里崎智也よりも先に表記されていました」(芸能ライター)

 この日は大谷が「2番・投手兼DH」で出場する“二刀流デー”。黒見も「まさかあんな短期間(レッドソックス戦から中3日)で来るとは思わなかった」と感激すると、「ノートに大谷翔平選手の今季のストレートが何%とか、そういうのをまとめています」「結構動画とか見て調べました」と、入念に事前準備をしてきたことを明かした。

 この日はエンゼルスが勝利。黒見は大谷のべストプレーを「3回表のダブルプレー」と指摘したり、「ザック・ネト選手に注目」と通ぶりを発揮し、ファンからは「くろみんの知識がすごすぎる」「えぐい解説してる」と称賛の嵐。里崎も太鼓判を押すほどの活躍ぶりだった。

 サッカー界では、日向坂46・影山優佳が明晰な解説ぶりで、一躍全国区の知名度を得ている。黒見は現在、早稲田大学に在学しており、英語と中国語がペラペラ。乃木坂46では、インテリキャラでもあることから“野球界の影山ポジション”をゲットして活躍の場を広げていきたいところだろう。

「もちろんアイドルファンは彼女の解説を好意的に受けとめていましたし、ツイッターでトレンド入りしていたほど注目度も高かった。一方で、ABEMAのコメント欄では、アイドルが前に出てくることにアレルギー反応が目立っていたのも事実です」(前出・芸能ライター)

 そんな黒見には、ある“疑惑の目”も向けられていたようだ。

「試合中、黒見が『ゼロアウト』と口にした場面があったのです。野球では『ノーアウト』と言うのが正しい用語。そのため、それまでの専門的な話の内容までカンペだったのではないかと一部では疑われています。ただ、初めての司会でまだまだ不慣れでしょうし、あまり目くじらを立てる必要もないのでは。黒見はしっかり勉強をして頑張っていたと思いますよ」(前出・芸能ライター)

 知識を披露しようとするよりも、影山のように解説に質問して引き出すテクニックが身につけば、野球ファンからも受け入れられるようになるかもしれない。

久田萬美(アイドルライター)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

ひさだまんみ

最終更新:2023/06/22 00:13
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed