日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 『乃木坂工事中』料理企画は時代錯誤?

『乃木坂工事中』料理企画は時代錯誤? 「アイドルが料理できなくて何が悪い」

『乃木坂工事中』料理企画は時代錯誤? 「アイドルが料理できなくて何が悪い」の画像1
『乃木坂工事中』(テレビ東京系)

 4月9日、乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)にて、料理企画『どいつの料理が良いでショー』の後編が放送された。

 乃木坂46メンバーによる料理企画といえば、過去には、だし巻き卵を作ろうとした元メンバーの生田絵梨花がフライパンを使わずに直接IHコンロの上に溶いた卵をぶちまけ、その上に昆布と煮干しを乗せるという驚きの行動に出た回が有名である。これは「IH事件」と呼ばれ、今でもファンの間で語り継がれる逸話となっている。そのため、ファンは今回の企画にも興味津々。

「前編では、春巻きとグラタンというお題に対し、弓木奈於がほぼノーミスで調理。彼女はふだん、奇天烈な言動が周囲を困惑させることが多かっただけに、いい意味でのギャップを見せたことで、ファンも惚れ直していたようです」(アイドル誌ライター)

 後編では5期生メンバーの五百城茉央、小川彩、菅原咲月、井上和が酢豚とメンチカツに挑戦。しかし、一部の視聴者から批判の声が飛び交う事態になっていたようだ。

「全員が10代、小川に至っては15歳とあって、いずれも悪戦苦闘。ふだんは料理をしていない様子がアリアリでした。とりわけ酢豚を食べたことがないという菅原の出来栄えは、見た目からしてかなり強烈(笑)。実食するのは相当勇気がいるトンデモ作となりました」(芸能ライター)

 実際、試食したMCのバナナマンの2人は「生ごみの匂いがする」と言って、あからさまに顔をしかめると、あまりの不味さにむせてしまったほど。バラエティー的には大成功で、スタジオでも笑いが起こっていたのだが……。

「乃木坂46メンバーとバナナマンの和気あいあいとした掛け合いが楽しい番組ではありますが、今回ばかりはネット上で『食べ物を粗末にしないで』『料理ができないことをバカにしている感じが不愉快だった』『アイドルが料理できなくて何が悪い』と批判の声も上がっています。

 以前、放送されていた『噂の!東京マガジン』(TBS系)にも、料理のできない若い女性を嘲笑うようなコーナーがありましたが、『女性=料理ができて当たり前』という価値観が時代錯誤として現在、その企画はリニューアルされています。今回はそれと似たような料理企画で、しかも前編の弓木のようなポジティブなギャップを引き出せたわけでもなかった。例え番組の演出だったとしても、メンバーが笑いものになっただけだった内容には、嫌悪感を抱いた視聴者も少なくなかったようです」(前出・芸能ライター)

 料理ができてもできなくても、彼女たちのアイドルとしての魅力は変わらないはず。次回は料理自慢のメンバー同士の対決にしてみてはどうか。

久田萬美(アイドルライター)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

ひさだまんみ

最終更新:2023/04/11 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed