日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 中京テレビの快進撃

中京テレビ『オモウマい店』『どうなの課』も! テレビ業界に吹き荒れる“名古屋旋風”

『それって!?実際どうなの課』公式サイトより

 日本テレビ系列の深夜で放送されている『それって!?実際どうなの課』(以下『どうなの課』)が、4月25日に初のゴールデン進出を実現。2時間の特番が放送された。

『どうなの課』は、“やろうと思えば誰でも検証できるのに、実際はやっていないネタ”を、体を張って調べるバラエティ番組。2018年に名古屋ローカルで放送された番組が翌年にレギュラー化され、深夜枠で全国放送されている。番組名を一躍有名にしたのは、女優・森川葵の挑戦シリーズだ。

「“事件”が起きたのは放送が始まって数カ月後、森川がけん玉の達人を訪ねた時のことです。もともとは達人のスゴ技を見せてもらう趣旨の企画でしたが、森川は達人でも苦労する『1ミリけん玉』をあっさり成功。達人をア然とさせました。

 森川はその後も、石を水面に投げる水切りで日本王者レベルの記録を出したり、カップを積み上げる早さを競うスポーツスタッキングで女性の日本記録を上回るタイムを出したり、グラスを5段積み上げたテーブルクロス引きを一発で成功させたりと、さまざまなジャンルの達人技をあっさりクリア。その度にトレンド1位になっており、番組内では『ワイルドスピード森川』と呼ばれています」(テレビ情報誌記者)

 ゴールデン特番でも、18メートル先の直径9ミリの筒に矢を射抜くアーチェリーの曲技に挑戦し、きっちり成功させた森川。番組もこのままゴールデン進出を目指す勢いだが、その先には背中を追う“先輩”がいる。

「『どうなの課』は名古屋の中京テレビ制作の番組。同局の番組が全国ネットされるのは12年ぶりという快挙でしたが、その後、中京テレビからは『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』『オモウマい店』と、次々と全国ネットの番組が誕生し、とりわけ『オモウマい店』はゴールデンで高視聴率を連発して、テレビ界では“名古屋旋風”が吹き荒れています。

 ここ数年は、『ポツンと一軒家』(朝日放送)、『プレバト!!』(毎日放送)、『秘密のケンミンSHOW』(読売放送)など、関西の番組も非常に元気で、視聴率ランキングの上位は東京以外の制作のものばかり。キー局は業績低下で完全に守りに入っており、どこの制作でも面白ければどんどん使う方針で、東京以外の放送局は“目指せ全国ネット”と、俄然士気が上がっています」(キー局関係者)

『どうなの課』もゴールデン特番が放送され、次の目標はゴールデン昇格。しかしそれには条件がありそうだ。

「ゴールデン特番は、レギュラー放送で人気の高いチャン・カワイのダイエット計画と、“ワイルドスピード森川”で堅く数字を取りに行きましたが、深夜で現在やっている企画は、面白いものとそうでないものでムラがある。そのあたりは整理が必要かと思われます。

 今回の特番からは漏れましたが、アキラ100%がハードな仕事を職場体験する企画や、緑川静香が担当する、家の不用品を全て売り切る企画はゴールデンでも十分にイケそう。一方、ダイエット企画が多すぎるのも改善ポイントかもしれません」(民放バラエティ番組制作関係者)

 深夜で長寿番組を目指すのも1つの考え方だが、初ゴールデンが実現したことで、新たな課題が見えてきたようだ。

 

木村之男(芸能記者、TVウォッチャー)

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。 1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

最終更新:2023/05/05 13:00

中京テレビ『オモウマい店』『どうなの課』も! テレビ業界に吹き荒れる“名古屋旋風”のページです。日刊サイゾーエンタメ最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

春ドラマ開始! 今クール一番人気は?

2023年も4月に入り、新ドラマが続々とスタートを切っている。あの作品の評判をチェック!
写真
特集

「結いのおと」を成功せた“実行力”

 新型コロナもひとつ一段落し、今年はリアルでのイベントが盛り上がりをみせている。特に人々が待ち焦がれていたのが、音楽フェスだ。日本でフェス文化が一...…
写真
人気連載

超少子化社会ニッポンを憂う

回想禄なのに回想主がいない  11歳の少女ソ...…
写真
UPCOMING

石山蓮華、推しとつながり続けるために

 俳優、文筆家であり、電線愛好家としても知られる石山蓮華さん。この4月からは、10年以上続いたTBSラジオ『たまむすび』の後継番組『こねくと』...…
写真