日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 広末涼子、W不倫で大河出演白紙?

広末涼子、大河出演消えた? ドラマ、写真集も白紙か…「W不倫」の大きすぎる代償

広末涼子、大河出演消えた? ドラマ、写真集も白紙か…「W不倫」の大きすぎる代償の画像
広末涼子(写真/Getty Imagesより)

 W不倫の代償はやはり大きいようだ。

 6月7日付の「文春オンライン」(文藝春秋社)および8日発売の「週刊文春」(同)が、広末涼子のW不倫疑惑を報じた。相手はミシュラン1つ星レストラン「sio」のオーナーシェフ・鳥羽周作氏で、共に既婚で子持ち。2人は今年3月下旬から親交を深め、6月3日の夜に都内の高級ホテルで密会していたという。

「記事によれば、広末が5月頃から事務所関係者に『とにかく早く離婚したい』と言っており、鳥羽氏も周囲に『奥さんとは離婚したい』と漏らしているという。密会の翌日に文春記者が直撃すると、広末はまくしたてるように不倫の事実はないと否定し、鳥羽氏も否定したというが、広末の所属事務所は即座に反応。『本人に対して責任を持って行動するように厳重注意をしております。お騒がせして申し訳ございませんでした』となぜか謝罪している。さらに、広末が出演していたキリンビール『本麒麟』のCM動画が8日には公式サイトから削除されました。鳥羽氏も11日に開催予定だった料理本発売記念イベントが急きょ中止となっており、不倫は“疑惑”ではなく限りなく“クロ”である印象を受ける」(芸能ライター)

 広末といえば、90年代にアイドル女優として時代を席捲。40代に入ってからは「第二次ブーム」とも言える活躍を見せ、放送中のNHK連続テレビ小説『らんまん』の母親役も好評など、女優として確固たる立ち位置を築いている。また、2019年からはテレビ東京の音楽特番『テレ東音楽祭』のMCも務めるなど新境地も切り拓いている。

 広末は結婚前にもさまざまな恋の噂が報じられたほか、現在の夫であるキャンドル・ジュン氏との再婚後の2014年にも佐藤健との不倫疑惑が報じられており、ネット上では「この方昔からそうだから驚かない」「もともとこんな感じの人だったよね」「奔放な人ってイメージだし、別にいいんじゃない?」といった声が上がるなど、世間はあまり気にも留めていないようだ。

 だが、仕事相手はまた別のようで……。

「NHKは、昨年の芦田愛菜主演作『エンディングカット』でも母親役として起用しており、今年3月から5月にかけて放送されたBSプレミアムドラマ『グレースの履歴』でも主人公の元妻役として重要なキャラを配役。『らんまん』の母親役も好評だったことをNHKは高く買っており、2025年度の大河ドラマ『べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~』でも重要な役どころを用意していたようですが、この話が流れそうなのだとか。一部では主演映画の撮影が延期になったと報じられていますが、日本テレビは秋のドラマで準主役をオファーする予定だったものの、白紙になったそう。また、集英社では昨年末に発売された写真集『C’est la Vie』が好評だったことを受け、掲載できなかった水着カットでの再編集版の発売が予定されていたようですが、この企画も一旦見送られたといいます」(芸能関係者)

 7日の速報からここまでずいぶんと動きが早いが、所属事務所の意向もあるようだ。

「広末の所属事務所には、東出昌大の不倫相手となった唐田えりかが在籍。あの不倫騒動で事務所は相当参ったようで、唐田の復帰タイミングも本来ならもっと早くを予定していたが、あまりに世間でのイメージが悪化したために3年近く公から姿を消すことになった。事務所側も広末のW不倫についてはある程度把握していたようで、今回は唐田の二の舞にはすまいと早々に広末に“厳重注意”をし、関係者にもすぐに連絡して対応を急いだとみられる。幸い、『らんまん』は放送1週目に亡くなる役柄で、回想シーン以外にもう出番はないし、『グレースの履歴』も放送終了済み、出演映画『最後まで行く』もほとんどの劇場で上映が終わっており、このタイミングでの文春砲は事務所にとっては不幸中の幸いだったかもしれない」(前出・芸能ライター)

 仕事へのダメージもさることながら、気になるのは夫婦関係だが……。

「夫のキャンドル・ジュン氏は7日、Instagramに『すべての人の心に灯火を』とのメッセージを投稿し、“聖人”と言われる彼らしく、広末の不倫を責める気配は見えません。広末を“よい母親”イメージで売り出そうと頑張ってきた事務所側も、離婚は食い止めたいところ。しかし、広末のほうは離婚したいというから、一筋縄ではいきそうにない」(同)

 佐藤健との密会が報じられた時にも世間から叩かれたが、見事に這い上がった広末。「夫との関係より、事務所との関係のほうが心配」(同)との声も聞かれるが、三度復活を果たせるか。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2023/06/11 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真