日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > ポール・シュレイダー監督インタビュー
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.742

ポール・シュレイダー監督『カード・カウンター』 スコセッシとの関係、三島由紀夫について語る

ポール・シュレイダー監督『カード・カウンター』 スコセッシとの関係、三島由紀夫について語るの画像1
華麗なカードさばきを見せるオスカー・アイザック

 腐敗した社会を正すヒーローになる。そんな狂気に取り憑かれた男を若き日のロバート・デニーロが演じた『タクシードライバー』(76)は、映画史に残る大傑作だ。ポール・シュレイダー(脚本)&マーティン・スコセッシ(監督)のコンビは、その後も実在のプロボクサーの半生を描いた『レイジング・ブル』(80)や悩めるイエス・キリストを主人公にした『最後の誘惑』(88)などの名作、問題作を放ってきた。

 ハリウッドの“生きた伝説”コンビが『救命士』(99)以来となるタッグを組んだのが、ギャンブルの世界を舞台にした『カード・カウンター』。オスカー・アイザックを主演に迎え、ポール・シュレイダーのオリジナル脚本をシュレイダー自身が監督、スコセッシは製作総指揮として支えている。

 ポール・シュレイダー作品らしく、本作の主人公であるウィリアム・テル(オスカー・アイザック)は強い強迫観念に囚われている。イラク戦争に従軍し、悪名高き「アブグレイブ刑務所」で捕虜兵の拷問に関わった。上官の命令に従っただけだが、米国に帰還したウィルはその罪を問われ、軍刑務所に8年間収容された。

 誰にも会わず、規則正しい軍刑務所での生活は、ウィルにとってはむしろ快適だった。余りある時間を使い、カードテクニックをウィルは覚えた。釈放後のウィルはギャンブラーとして生きることに。目立たず、小さくコツコツと勝ち続けるのが、ウィルのモットーだった。

 ホテルを渡り歩き、全米各地のカジノを転々とするウィルの前に、ひとりの若者・カーク(タイ・シェリダン)が現れる。カークの父もウィルと同じ部隊に所属し、自殺を遂げていた。父を死に追いやった上官ジョン・ゴード(ウィレム・デフォー)に復讐しよう、そう持ち掛けるカークだった。

 復讐は無益で、身の破滅を招くだけ。大人のウィルは、凶行に走ろうとするカークを思いとどまらせるために、彼をギャンブル旅行に同行させる。ギャンブルブローカーのラ・リンダ(ティファニー・ハディッシュ)の誘いに応じ、ポーカーの全国大会にも出場する。ウィル、カーク、ラ・リンダ、それぞれの人生を変える大勝負が始まる。

伝説のタッグが再結成された裏事情

ポール・シュレイダー監督『カード・カウンター』 スコセッシとの関係、三島由紀夫について語るの画像2
ラ・リンダ(ティファニー・ハディッシュ)はポーカー全国大会出場を促す

 高倉健のハリウッドデビュー作『ザ・ヤクザ』(74)をはじめ、多くの映画の脚本を手掛けてきたポール・シュレイダー監督。ポルノ映画業界を描いた『ハードコアの夜』(79)や緒形拳が三島由紀夫を演じた『MISHIMA A Life in Four Chapters』(85)などの監督作も見逃せない。イーサン・ホーク主演作『魂のゆくえ』(17)はスマッシュヒットし、アカデミー賞脚本賞に初ノミネートされるなど、近年は円熟味を増している。

 ニューヨーク在住のポール・シュレイダー監督が、ZOOM取材に応えてくれた。まずマーティン・スコセッシとの関係について語ってくれた。

シュレイダー「マーティンとはある時期まで一緒に映画をつくってきたわけだけど、やがてマーティンはマーティンならではの映画を、僕は僕なりの映画を考えるようになり、進む道が異なってきたので、別々の道を歩もうということになったんだ。でも、決して音信を絶っていたわけではなく、メールでのやりとりはずっとしていたし、年に数回はランチやディナーも一緒にしているよ。今回、『カード・カウンター』を製作する際にお金を集めなくちゃいけなかったんだけど、『スコセッシの名前があると助けになるんじゃないか』という声があって、それで僕からマーティンに『名前を貸してほしい』と頼んだんだ。彼は喜んでOKしてくれた。製作総指揮のクレジットを引き受けてくれたのは、マーティンの好意なんだ。マーティンと僕は、友人として今も付き合いが続いているんだ」

 捕虜兵に対する拷問シーンをはじめ、陰惨なバイオレンス描写がウィルの回想として盛り込まれている。暴力、贖罪、強迫観念……。『タクシードライバー』の主人公・トラヴィスのように、ウィルが鏡に映った自分を見つめるシーンもある。ポール・シュレイダー作品の集大成的な作品ではないだろうか。

シュレイダー「この20年間で映画業界はテクノロジーが大きく変わった。デジタル化されたことで、予算をかなり抑えて映画を撮ることができるようになったんだ。今までだったら、諦めなくちゃいけないようなシーンも撮ることが可能になったんだ。今回は『魂のゆくえ』『カード・カウンター』『Master Gardener』(22)と3本の映画を同時に制作したんだ。3本同時進行なんて、昔なら考えられなかった。それとファイナルカット(編集権)が自分のものになったことも大きかった。自分が撮りたいと思っていたことを、思うように撮ることができるようになったんだ」

 ポール・シュレイダー監督は現在76歳。実は1週間前に取材の予定だったが、直前でキャンセルとなり、この夜は2度目のトライだった。シュレイダー監督はかなりお疲れの様子だったが、映画づくりを楽しんでいることが言葉からは感じられた。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真