日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 上原多香子「2度目の不倫疑惑」にあきれ声

上原多香子、「2度目の不倫疑惑」に世間はあきれ声…美容家転身もスピード挫折の可能性

上原多香子、「2度目の不倫疑惑」に世間はあきれ声…美容家転身もスピード挫折の可能性の画像
上原多香子 Instagramより

 元SPEEDの上原多香子の“2度目の不倫疑惑”が報じられ、その混乱によってセカンドキャリアとしてスタートさせた美容家としての活動も今後が不透明になり、さまざまな意味であきれ声が噴出している。

 上原の不倫疑惑は、6日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報道。記事によると、今年になって故郷の沖縄に戻ってきた上原に6月下旬に“警察沙汰”の騒動があったという。それは上原が若い男性と親密な関係になっていたことを夫に知られ、頭を叩かれるなどしたことで警察署に駆け込んだというもので、被害届は提出されていないものの、上原は子どもを連れ、同じSPEEDのメンバーだった今井絵理子参院議員がちょうどその頃に公務で沖縄に来ていたこともあり、今井議員の実家に逃げ込んで助けを求めたとか。上原は文春の取材にノーコメントだったが、すでに離婚や親権争いも視野に入れているからこそ、夫から暴力を振るわれていると警察に相談したのでは、との関係者のコメントも紹介されている。

 上原にとって「不倫疑惑」の報道はこれで2度目。上原は2012年にヒップホップグループ「ET-KING」のTENNさんと結婚したが、2年後にTENNさんが自死。2017年に「女性セブン」(小学館)がTENNさんの遺書などを公開し、上原の不倫が原因であった可能性が浮上したことで猛烈なバッシングが発生した。

 以降、上原はメディア露出が激減したが、翌2018年に当時演出家として活躍していた現在の夫と再婚し、長男と長女の2児に恵まれた。仕事についてはイベントで今井議員や島袋寛子と共にSPEEDの曲を披露することなどはあったものの、芸能活動再開のメドは立たず、昨年夏に美容家に転身すると発表。高級スキンケアブランド「REVI(ルヴィ)」を手がける言野優子社長に心酔していると伝えられ、今年1月からは家族で故郷の沖縄に移住し、現地の店舗での勤務を開始した。

 通常、こういったケースだと芸能人は「広告塔」になっているだけの場合が大半。しかし、上原がInstagramで公開した勤務スケジュールによると、月に12~14日と半分近くショップで働くことになっており、有名人である彼女自ら接客や顧客への施術、セミナー出席などを担当。「広告塔」に収まらない、本格的な勤務実態が明らかになった。上原が担当する施術はキャンペーン価格でも10万円以上と高額で簡単には予約が埋まらないためか、出勤予定日以外でも「上原多香子指名で施術御予約いただいている日は、出勤いたします!」と記され、仕事に懸ける本気度をうかがわせていた。

 上原が最初の不倫疑惑で猛バッシングにさらされて芸能活動ができなくなった時、現在の夫が経済的にも精神的にも彼女を支えていたといわれる。夫は上原をかばおうとするあまり、TwitterでTENNさんとその家族を揶揄するような言葉を書き込んで炎上騒動になったことがあり、それがきっかけとなって演出家としての仕事を失い、一時はソーラーパネルの販売員に転職したとも伝えられていた。

 沖縄移住後、これまで献身的に支えてくれた夫に報いるため、今度は上原が美容家として身を粉にして働くという構図となれば、家族の強い絆がうかがえる。ところが、そんななかで先述した“2度目の不倫疑惑”が報じられたのだから、SPEED時代からのファンですらア然となり、ネット上ではあきれ声が広がっている。もちろん、夫の暴力が事実であればどんな理由があっても許されるべきことではないが、不倫疑惑が原因となるとファンも複雑だろう。

 騒動の影響なのか、上原のInstagramは6月23日を最後に更新がストップ。7月以降の店での勤務スケジュールは公開されておらず、10日付の「NEWSポストセブン」(小学館)によると、7月は出勤しない予定で8月以降もどうなるか分からないとのことで現地スタッフが困惑しているという。

 上原といえば、2020年10月に世界的な庭園デザイナーの石原和幸氏に弟子入りしたことを発表。真剣にガーデニングを学びたいという思いを明かしていたが、同年12月に出演予定だった石原氏主催の庭園イベントをドタキャンしたと伝えられ、それをきっかけにほぼ活動実態のないまま「弟子入り」の話は消滅。今度は言野社長に心酔して美容家に転身というだけでも節操のなさは否めないが、このまま美容家の仕事からもフェードアウトしかねない状況だ。

 SPEEDのメンバーは、今井議員も2017年に当時既婚者だった男性との不倫疑惑を報じられており、昨年夏の参院選では比例代表で再選を果たしたものの、醜聞が響いてか個人票は約15万票どまりで、約32万票を獲得した6年前の半分以下となった。島袋はスキャンダルこそなかったが、今年1月に12歳年下の舞台俳優・早乙女友貴との離婚を発表。おしどり夫婦として知られていただけにファンに衝撃を与えた。特にトラブルが報じられていないのは、2013年に結婚してから事実上の引退状態になっているHITOEこと新垣仁絵だけだ。

 90年代に一世を風靡した少女たちが二十数年後にこんな状況になっているとは誰が思っただろうか。その中でも最もスキャンダラスな人生を歩んでいる上原は今後どんな道を選ぶのか、一連の騒動の行方と共に見守りたい。

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

さとうゆうま

最終更新:2023/07/11 21:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真