日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『最高の教師』早くも想定外の事件発生

『最高の教師』松岡茉優“九条”、早くも一度目の人生にないイベント発生で窮地に?

『最高の教師』松岡茉優“九条”、早くも一度目の人生にないイベント発生で窮地に?の画像
ドラマ公式サイトより

 殺される運命にさらされる主人公よりも、生殺しの日々にあらがえない子どもの運命に心を痛めた。松岡茉優主演の日本テレビ系『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』の第2話が7月22日に放送された。学校でのカースト、いじめ、そして命を奪う犯罪が主題だと思っていたが、今回の舞台は生徒の家庭。令和の教師にとっては“アンタッチャブル”な家庭の問題にあえて踏み込む物語となった。

 鳳来高校3年D組の担任教師・九条里奈(松岡茉優)が卒業式にD組の何者かに突き落とされ、「死にたくない」と願った瞬間、1年前の始業式に時間が巻き戻るというところから始まる『最高の教師』。九条はD組の生徒と正面から向き合い、彼らを変えることで、1年後に待ち受ける運命を変えようとする。第1話では、一度目の人生では壮絶ないじめの末に命を絶った鵜久森 叶(うぐもり・かなう/芦田愛菜)を救うべく、盗聴や監視などを駆使してD組のいじめの実態を暴く。「あなたのためなら何でもする」という九条の有言実行は、黙って耐えていた鵜久森の心の叫びを引き出し、鬱屈としたD組の先行きを変える可能性を感じさせた。

 第2話は、引き続きD組改革の戦術が展開されるという想像を裏切り、場外戦が展開された。九条が敷いたD組監視体制を警戒し、相楽琉偉(加藤清史郎)や西野美月(茅島みずき)のリーダー格は表立ったいじめをセーブし、何事もなかったかのように振る舞う。その裏で「九条里奈対策委員会」という名のグループチャットをつくり、鵜久森を仲間外れにしつつ、九条への対策を練っていた。

 そうした中、相楽の命令により、瓜生陽介(山時聡真)と向坂俊二(浅野竣哉)が夜道の九条からバッグを奪おうとする。鵜久森に対するいじめの証拠となる学級裁判の動画データを奪う目的だと意図を理解した九条は、コピーは別にも保存してあると言い、追い払う。そして表向きいじめを受けなくなったことでD組を観察できる立場にあった鵜久森の指摘を受け、九条は瓜生の運命を変えようと決める。父親はおらず、奔放に生きる母親の借金返済のため、幼い弟たちを食わせるために14歳からアルバイト漬けの毎日を送る瓜生は、その家庭環境を誰にも相談できず、苦しんでいた。そして一度目の人生で、瓜生は卒業を待たずに途中で転校せざるをえなくなったことを九条は思い出したのだ。

 九条は友人で居酒屋「べすとほっぷ」の店主である早乙女智美(森田望智)を使って、瓜生に「べすとほっぷ」で働かせる形で経済的にひそかに支援しつつ、母親に本音をぶちまけるよう瓜生に促す。「一緒に卒業させてください」と頭を下げた瓜生の親友・向坂の思いを受けて、瓜生はついに母親のこれまでの放蕩を「許せるわけない」とはっきり伝え、その涙の叫びはようやく母親の心に届くのだった。

 閉塞した家庭環境に改善の兆しが見え、瓜生にも笑顔が戻る。そして瓜生と向坂は“九条派”となり、鵜久森にこれまでのことを謝罪する。九条が相楽一派だった瓜生と向坂を切り崩すのに成功したのは、D組に大きなインパクトを与えそうだ。相楽の命令に苦々しく言い返すなど反乱の芽はあったといえど、二重三重の作戦で瓜生の問題の解決の手助けをし、反九条派から抜け出す決意をさせた九条の実績は、向坂の言葉を借りれば「本当になんでもやるんだな……」と感嘆しか出ない。

 一方で、生徒と向き合うことで九条自身も変わりつつある。自分の死の運命を回避するという目的のために、一歩距離を置いていた教室内の事情に足を踏み込んだことで、以前の人生にはない人間味を得ているように筆者は感じる。我が子を搾取する瓜生の母に絶望し、瓜生の親友として幾ばくかの金と土下座で通学の許しを請う向坂の熱意を見て、九条が遠目で涙をぬぐっているように見えたのは気のせいか。夫・蓮(松下洸平)が切り出した離婚に対し、九条自身も「離婚したくない」と本音を明かすことができたのも、鵜久森や瓜生の姿に感化されたからだろう。

 鵜久森、瓜生、向坂を振り向かせることに成功した九条だが、第3話では反九条派が攻勢に出るようだ。第2話のエンディングで黒板に九条への殺害予告が書きなぐられ、早くも一度目の人生にはなかったイベントが発生。これまでは、一度目の人生で得た知識により九条はうまく先手を取って立ち回ることができたが、ここからは臨機応変な対応が求められる。加えて、殺害予告ができたということは、D組の教室の監視カメラが機能しなくなった可能性がある。九条の優位性が揺らぐ展開となりそうだ。もっとも、「九条里奈を殺害する」という言葉を文字通りに実行するのは現実的ではなく、この予告を書いた犯人の目的はあくまで九条の失脚にあるのではと推測する。九条派の3人、離婚を思いとどまった蓮など“守るべき者”が増えた九条のどこを攻めてくるのか。予告犯の狡猾さが披露される回になりそうだ。

 また、D組の“真の実態”が解明されることにも期待している。反九条派のグループチャットに参加していたのは鵜久森を除いた29名。“鵜久森いじめ”の主要メンバーは鵜久森以外のクラス全員参加を喜々として情報共有していたが、所詮はチャット上でのつながり。クラスの半分は冷めた態度で“我関せず”を決め込んでおり、リーダー格の仲間とは言い切れず、九条派につくことが得とわかれば平気で乗り換える可能性がある。水面下で繰り広げられるそうな勢力争いからも目が離せない。

■番組情報
土曜ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された
日本テレビ系毎週土曜22時~
出演:松岡茉優、芦田愛菜、奥平大兼、加藤清史郎、當真あみ、茅島みずき、山時聡真、本田仁美(AKB48)、窪塚愛流、福崎那由他、田牧そら、山下幸輝、寺本莉緒、萩原護、詩羽、田中美久(HKT48)、浅野竣哉、丈太郎、柿原りんか、橘優輝、莉子、田鍋梨々花、夏生大湖、藤嶋花音、岩瀬洋志、阪本颯希、岡井みおん、藤﨑ゆみあ、のせりん、細田善彦、長井短、サーヤ(ラランド)、犬飼貴丈、荒川良々、松下洸平
脚本:ツバキマサタカ
音楽:松本晃彦
主題歌:菅田将暉「ユアーズ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
演出:鈴木勇馬、二宮崇
チーフプロデューサー:田中宏史
プロデューサー:福井雄太、鈴木努、秋元孝之
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作著作:日本テレビ
公式サイト:ntv.co.jp/saikyo

東海林かな(ドラマライター)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

しょうじかな

最終更新:2023/07/29 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志のルーツ

今週の注目記事・1「総力取材 尼崎~心斎橋~...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真