日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 『どうする家康』出演“白紙”報道!

スノ宮舘涼太『どうする家康』出演“白紙”報道!ファン猛反論の中身「松本潤は……」

Snow Man宮舘涼太『どうする家康』出演白紙報道!猛反論の中身「松本潤は……」の画像1
Snow Man・宮舘涼太

 現在放送中のNHK大河ドラマ『どうする家康』で主人公・徳川家康を演じる嵐・松本潤。彼の一声でSnow Man・宮舘涼太の“大河デビュー”が白紙になったと22日付の「文春オンライン」が報じている。

 記事によれば、宮舘は『どうする家康』の出演が内定しており、“家康側に従軍する武将のひとり”という重要な役を与えられていたとか。しかし、“衣装合わせ”の直前で松本が「まだ大河に出る器じゃない」と宮舘を切り捨てたため、別の俳優に変更されたという。

 なお、10月12日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、松本が同ドラマの撮影現場で頓珍漢なことを言っては脚本や演出を変更させていると報道。加えて、30代の助監督に「殺すぞ!」「現場回せないなら外れてくれないかな」と吐き捨てるなど、高圧的な態度を繰り返しているため「最悪な空気」と伝えた。

 さらに、この記事では同ドラマの脚本を手掛ける古沢良太氏が記者の取材に対し、松本の助言で脚本が変更されていることを認めるコメントをしており、松本の意見が反映されているのは事実のようであった。

宮舘涼太“切り捨て”報道に、ファン猛反論「松本潤は……」

 このところ、これまでのさわやかなイメージが覆されかねない報道が続いている松本だが、ネット上では「嵐が国民的アイドルなのはわかるけど、そもそも松潤の演技ってそんなに評価されてたっけ? 事務所に守られてきたから勘違いしてるのかな」「松潤の大物気取りヤバすぎ。キムタクでさえ脚本やキャスティングにこんなに口出ししないでしょ」と松本の態度に疑問の声も見られる。

 一方、松本は“後輩思い”のイメージがファンの間で広まっていることから、「松本潤は後輩に不利益なことをする先輩じゃない。印象を悪くするような記事を書かないでください」「松潤がダテの出演を『まだ早い』と言ったのが事実だとしても、それは大河の座長として冷静に判断しただけだと思う」と松本を擁護する声も目立つ。

 また、かねてより「大河ドラマや時代劇に出演し、名を残せる俳優になること」を目標に掲げてきた宮舘だが、Snow Manファンからは「ダテ様は、いつか実力で大河出演を勝ち取れると思う。松潤もきっとそう思ってるんじゃないかな」と前向きな声も上がっている。

 宮舘といえば、これまでSnow Manが出演した『滝沢歌舞伎』シリーズなど数々の舞台で演技力を磨いてきたほか、ソロでも1月上演の『初春歌舞伎公演 市川團十郎襲名記念プログラム SANEMORI』で市川團十郎と共演。宮舘の演技や殺陣さばきを絶賛する歌舞伎ファンもいたようで、多くの宮舘ファンが「いつか大河にも出て、夢を叶えて」と期待しているようだ。

 松本に批判的な声が相次ぐ一方で、「ガセだ!」と猛反論するファンも目立つ今回の“文春砲”。『どうする家康』関係者への踏み込んだ取材を行っている「文春」だけに、松本に関してさらなる続報があってもおかしくなさそうだ。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2023/10/23 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真