日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 二宮和也に漂い始めた“不穏な空気”

Snow Manの「個人事務所」設立とは真逆…二宮和也に漂い始めた“不穏な空気”

Snow Manの「個人事務所」設立とは真逆…二宮和也に漂い始めた不穏な空気の画像1
二宮和也

 Snow Man・阿部亮平が、個人事務所「Astrolabe Labo(アストロラーベラボ)」を設立。Snow Manでは、佐久間大介が「ハレノオト」、渡辺翔太が「W(ダブリュー)」を設立しており、阿部はグループで3人目の個人事務所設立とみられる。

「メンバーが個人事務所を設立するたびに、“独立”と結びつけようとするメディアもあるようですが、3人ともの個人事務所はいずれもSMILE‐UP.(旧ジャニーズ事務所)と同じ所在地であることから、Snow Manは残留して新エージェント会社と契約すると見られています」(芸能記者)

 公式発表もしていないのに芸能メディアに情報が漏れていることに心配の声も聞こえてくるが、ともあれSnow Manの個人事務所設立は“円満”である証左と言えそう。

 逆に“不穏な空気”が漂っているのが、すでに旧ジャニーズ事務所から独立して、個人事務所『オフィスにの』を設立している嵐・二宮和也だ。同社の代表は、スポーツジャーナリストの増田明美氏の夫で実業家の木脇祐二氏が務めているのだが……。

「二宮がなぜ木脇氏を頼ったか不明ですが、今のところ表立ってマネジメントをしてもらっている様子は見られません。二宮は11月15日のXにて、『今日ほ仕事場近くの駐車場が全部満車。仕方なく離れた所に停めて』(原文ママ)と、仕事に遅刻してしまったことを報告しています。おそらく自分の運転で現場に向かったのでしょうが、個人事務所ゆえの不安を感じさせます。Xも『今日ほ』と誤字のまま投稿されており、マネジャーのチェックも入っていないようですね。また、同じく退所した岡田准一や生田斗真や屋良朝幸は『SMILE-UP.』のサイトに“お知らせ”が掲載されていますが、二宮についてはスルーされたまま。旧ジャニーズ時代は、嵐の一員としても俳優としても事務所のイメージアップに貢献した二宮ですが、独立の経緯をめぐってはちょっとした遺恨を感じさせます」(前出・芸能関係者)

 性被害者への補償が始まっていないにもかかわらず、旧ジャニーズタレントはこれまで通りテレビに出演し続けている。今後も芸能界において「旧ジャニーズパワー」が働くのであれば、二宮の“バックアップ体制”は心もとないように思えるが……。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2023/11/25 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真