日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 篠山紀信の撮影手法

元グラドルらが告白! 篠山紀信さんの死去で注目された“令和では通じない”撮影手法

元グラドルが告白! 篠山紀信さんの死去で注目された令和では通じない撮影手法の画像1
(写真/Getty Imagesより)

 宮沢りえの『Santa Fe』(朝日出版社)など数々の写真集を手がけてきた日本を代表する写真家・篠山紀信さんが1月4日、老衰で亡くなった。83歳だった。

 死去を受け、芸能界では多くのタレントが撮影時の思い出を回顧しながら追悼している。

 そんななか、話題を呼んでいるのは篠山さんの「脱がせ屋」としての手法だ。

「2018年の雑誌『UOMO』(集英社)の連載企画では、田中みな実のセミヌードを撮影しているのですが、田中は撮影の様子をバラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で暴露しています。それによると、彼女は撮影の際、篠山さんからバストトップに着用していたニップレスを『邪魔だから』と取るように提案されたそう。大事な部分が見えてしまうため、田中も最初は抵抗したものの最終的に根負けして外してしまったといいます。同様に、橋本マナミも過去のインタビューで撮影中に篠山さんからニップレスや下着を『すべて取ってくれ!』と指示されたことを明かしていますが、篠山さんの撮影では“全裸”で“2人きりの撮影”が基本。世に出せないお宝カットがバンバン撮影されていたと思われるが……」(芸能関係者)

 しかし、篠山さんの撮影スタイルは一方で「闇」をはらんでいたとも噂されてきた。

「話題を呼んだのは、かつてグラビアアイドルとして活躍し、現在は舞台女優としてなど活動する杏さゆりの告発です。2018年に出演した『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)にて、グラドル時代の撮影で大物カメラマンから受けたセクハラを暴露。事前の打ち合わせで脱がないことを確認したにもかかわらず、撮影当日、用意されていた衣装が全てほぼ裸同然のシースルー。杏は身を守るために衣装の下にヌーブラや持参した下着を着けていたものの、“脱がすことで有名”だったその大物カメラマンは、脱ぐことに抵抗し続ける杏に怒り、下着を取ることを要求。結局、杏が大泣きして、結局その撮影はなくなったといいます。このエピソードの大物カメラマンが誰なのか、ネットで大騒ぎとなったものでした。業界内では同様の話だけでなく“お触り癖”も耳にした人も多く、大手事務所に守られた売れっ子たちには“思い出深い撮影”だったとしても、力の弱い事務所に所属していたグラドルの中には、“トラウマ”となっている人たちも少なからずいたのではないか」(グラビア誌編集者)

 杏さゆりが告発したカメラマンの名前は不明だが、時代を切り取る大物カメラマンたち。数々の傑作を世に送り出した功績に疑いはないが、本人の合意を得ない強引な脱がせ方は今現在、令和では通用しなかったかもしれない。

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2024/01/13 14:00
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真