日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『マルス』第3話で視聴率3%台に下落

道枝駿佑ゴールデン連ドラ初主演『マルス-ゼロの革命-』、第3話でついに視聴率3%台まで下落

道枝駿佑ゴールデン連ドラ初主演『マルス-ゼロの革命-』、第3話でついに視聴率3%台まで下落の画像1
主演を務めるなにわ男子・道枝駿佑

 なにわ男子・道枝駿佑がゴールデン帯連ドラ初主演を務める『マルス-ゼロの革命-』(テレビ朝日系)。2月6日放送の第3話で、ついに平均世帯視聴率が3%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)までダウンしてしまった。

目次

・初回&第2話の視聴率は?
・第3話は3.4%までダウン
・テレ朝は若返り狙ったか

『マルス-ゼロの革命-』初回&第2話の視聴率は?

 『マルス-ゼロの革命-』は、人気脚本家・武藤将吾による完全オリジナル作品。19歳の謎多きカリスマ転校生・美島零(道枝)と落ちこぼれ高校生たちが巻き起こす「青春“クーデター”サスペンス」だ。

 主演の道枝のほか、動画集団「マルス」のメンバー役として、板垣李光人、吉川愛、井上祐貴、横田真悠、山時聡真、泉澤祐希が出演。私立桜明学園高校の教員・職員役には、山口紗弥加、岩松了、野間口徹、平成ノブシコブシ・徳井健太らがキャスティングされている。

 道枝にとって、2022年4月期の『金田一少年の事件簿』(共に日本テレビ系)以来の連ドラ主演となる同作。平均世帯視聴率は第1話(1月23日放送)が5.7%、第2話(同30日放送)が4.5%だった。

『マルス-ゼロの革命-』第3話は3.4%までダウン

 なお、同じ枠で前クールに放送されていたTOKIO・松岡昌宏主演『家政夫のミタゾノ』第6シリーズは初回9.1%でスタートし、全話平均は7.3%。

 前々クールの伊藤沙莉主演『シッコウ!!~犬と私と執行官~』も初回9.6%でスタートし、全話平均8.0%と好調だったこともあり、残念ながら『マルス-ゼロの革命-』の低調ぶりが際立ってしまった。

 さらに、2月6日放送の第3話では、平均世帯視聴率3.4%までダウン。個人も1.8%と低く、今後が心配される。

 一方で、民放公式動画サービス・TVerのお気に入り数は64.7万(8日現在)とそこそこの数字。ただ、『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』や『恋する警護24時』といった同局の深夜ドラマを下回っており、局としては想定外の事態といえるかもしれない。

『マルス-ゼロの革命-』初回コア視聴率は……テレ朝は若返り狙ったか

 なお、テレ朝の連ドラといえば『相棒』や『科捜研の女』といったシリーズが代表されるが、これらが高視聴率を叩き出す一方で、コア視聴率(13歳~49歳)の獲得に苦戦してきた側面もある。

 そこで視聴者の若返りを狙い、若年層をメインターゲットにした『マルス-ゼロの革命-』を企画したものと思われるが、同枠に若い視聴者が定着していないせいもあってか、平均個人視聴率のコアは初回から2.2%と振るわなかった。

 とはいえ、ネット上では「やっぱり武藤将吾さんの脚本、めちゃくちゃ面白い」という賛辞のほか、「みっちー演技うまくなってるし、ドラマの世界にはまってる!」と道枝らキャストを絶賛する声も散見される。

 道枝にとって、数字的には酷な状況であるが、役どころとしては新境地なだけに、俳優として飛躍するきっかけになるかもしれない。

 なぜか回を追うごとに数字を落としている『マルス-ゼロの革命-』。今後の推移にも注視したい。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2024/02/08 17:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真