日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > プラマイ岩橋の投稿と旧ジャニーズの対応の変化

プラマイ岩橋良昌のJUMP中島に関する投稿と“隠蔽体質”旧ジャニーズ対応の変化

プラマイ岩橋良昌のJUMP中島に関する投稿と隠蔽体質旧ジャニーズの対応の変化の画像1
Hey!Say!JUMPの中島裕翔

 自身のXにて制作会社の社長からのパワハラや先輩芸人への女性のアテンドなどを暴露していたお笑いコンビ、プラス・マイナスの岩橋良昌が21日、自身のXを更新。《吉本、芸人辞めます お疲れ様でした。》《プラスマイナスも解散です》などと投稿、さらなる注目を集めている。

 岩橋はこの日、《吉本と話ししてきた》の投稿を皮切りに、《活動停止だって》《SNSも一切禁止だって 他人のTikTokライブにコメントするのもだめだって》《名誉毀損、名誉毀損っていっぱい言われた》などと連投。挙げ句《吉本、芸人辞めます お疲れ様でした。》とつづった。

 既報の通り、ここに至った発端は岩橋の18日と19日のXのポスト。突如、過去にプライベートで呼ばれたマンションでの飲み会で、女優の真木よう子とHey!Say!JUMPの中島裕翔からエアガンで撃たれたという、衝撃の告白。そして、20日の夜、エアガンで撃たれたシチュエーションについて、Xで《宮川大輔さんに呼ばれて都内のマンションに行ったの。場所は覚えてない》と切り出した。

 続けて、《部屋には真木よう子、中島、そして俳優の荒川良々さん、平成JUMPの有岡くんと高木くんもいた。その3人はめっちゃええ人》と名バイプレーヤーの荒川、中島以外のJUMPのメンバーもいたことを告白。そして、《突然真木よう子が俺をエアガンで何発も撃ちだしそれに中島も続いた。この2人をTVで観る度イライラする》と怒りをあらわにしたのだ。

「岩橋の一方的なポストだが、名前を出された芸能人たちは21日の夜までにノーリアクション。真木とともにエアガンを撃ったと晒された中島といえば、2016年に女優の吉田羊の自宅への“7連泊愛”を、さらにお泊まりの翌日、泥酔し痴漢行為をはたらいたことが報じられた。その他、飲酒のトラブルが多く、激怒した旧ジャニーズのメリー副社長(当時)がメンバー全員に禁酒令を出すまでに発展。今回、都内のマンションに集まったのがいつかはわからないが、いろいろな酒席にも積極的に顔を出していたようですね」(芸能記者)

 中島が所属する旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)といえば、件の故ジャニー喜多川氏の性加害問題により、藤島ジュリー景子元社長以下、経営陣が総退陣し、所属タレントたちのマネジメント業務は福田淳氏が率いる新会社・STARTO ENTERTAINMENTが担うことになったが……。先の芸能記者が続ける。

「ネット上では、名前の出ているタレントたちに説明を求める声があがっているのも事実。以前の“隠蔽体質”の旧ジャニーズなら確実にスルーするどころか吉本にクレームを入れたはず。しかし、新体制ではクリーンなイメージをアピールしたいはずで、JUMPのメンバーたちに聞き取り調査をしたうえで、何らかのコメントを発表することになるのでは」(同)

 そして22日、吉本興業はプラス・マイナスの岩橋良昌と契約を解消すると発表した。ただJUMPのメンバーたちの名前が出たネット記事は拡散され続けているだけに、事務所は一刻も早く対応する必要がありそうだ。

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2024/02/25 15:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed