日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『イップス』スタッフ疲弊のワケ

バカリズムは篠原涼子の演技に…『イップス』スタッフが疲弊しているワケ

バカリズムは篠原涼子の演技に…『イップス』スタッフが疲弊しているワケの画像1
バカリズム

 1月期のドラマが続々と最終回を迎え、視聴者の興味は4月期の新ドラマに移っている。中でも注目作のひとつとなっているのが4月12日にスタートする『イップス』(フジテレビ系)だ。

 篠原涼子とバカリズムがW主演する本作は、“書けなくなってしまった”おしゃべりなベストセラーミステリー作家(篠原)と“解けなくなった”自己評価高めのエリート刑事(バカリズム)という互いに「イップス」を抱えた2人が、事件を解決していくミステリーコメディ。しかし、早くも現場では不穏な空気も漂い始めているという。

 テレビ関係者が声を潜めて言う。

「2022年の映画『ウェディング・ハイ』で主演と脚本家としてタッグを組んだこともあり、相性は抜群かと思われましたが、どうもバカリズムと篠原の演技と相性がそこまでよくないようなんです。篠原といえば、昨年はドラマ『ハイエナ』(テレビ東京系)の視聴率が振るわず、このところ主演作で結果を残せず、脇役女優に甘んじている。今回は得意のコメディとあって、絶対に負けられないところでしょう。しかし、彼女のコメディ演技は昔から変化がなく、“何をやっても篠原”。一方のバカリズムはプロ意識が高く細部まで気になってしまうタイプで、篠原について『演技が古い』『やりにくい』と感じているのかもしれません。しかし、それを本人には直接言うことができないため、たびたび呼び出されて文句を聞かされるスタッフが疲弊しているとか」

 3月25日に放送された特番『FNSドラマ対抗お宝映像アワード』でも、NGを連発する篠原の姿が映し出されていたが、バカリズムの目が笑っていなかったように見えたのは気のせいか……。

「W主演とはいえ、立場は完全にバカリズムが上でしょう。昨年1月期のドラマ『ブラッシュアップライフ』(日本テレビ系)ではネット上で『天才!』の声がかかるなど、今やバカリズムは脚本家としての評価が高い。これまで日テレとの距離が近かったバカリズムですが、フジは今回『主演俳優』というウルトラCでの強奪を仕掛けてきた。そんな裏の思惑もあって、篠原よりも格が高いバカリズムのご機嫌を取ることのほうが現場では重要タスクとなっているのかもしれません」(前出・テレビ関係者)

 スタッフが言いたいことも言えなくなる“イップス”にならなければいいが。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2024/04/03 09:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真