人気連載

宍戸留美×小明×VoiceArtist『声優onFINDER!』

「ひたすら、びっくりしています」【太田貴子】なぜ『クリィミーマミ』は30年以上も愛され続けるのか
写真

オススメ情報

スーパー芸能記者が見る“年始め芸能報道”の正しい読み方【後編】

青息吐息の各誌には追い風となった2016年。だが、けっして良いことばかりではないという。
写真

イチオシ企画

未成年淫行疑惑の狩野英孝、無期限休業へ――

6股疑惑で世間を騒がせた狩野が、今度は17歳JKと…? これまでの女性問題を振り返る!
写真



 >  >  >   > 韓国芸能界ハーフタレントは不人気?
お騒がせ!東アジアニュース

韓国芸能界「ハーフタレント」は不人気? “混血疑惑”に15年間ダンマリを決め込んだ女優も……

 日本の芸能界では、いまやおなじみとなった“ハーフ枠”。最近では、ベッキーやウエンツ瑛士などを筆頭に「ハーフ会」としてテレビ出演する機会も増えている。一時は「ハーフ」という呼び方が「半分ずつ」という意味合いから、差別的であり、「ダブル」と呼ぶのが正しいなどとの見方もあったが、ハーフに対する社会的な差別や偏見が少なくなり...


[ 関連リンク ]

ページ上部へ戻る

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。