人気連載

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

ぼくらはみんな『アイヒマンの後継者』だった!? 平凡な市民の残酷さを明るみにした不快な実験結果
写真

オススメ情報

【赤江珠緒】妊娠に祝福ムードの影で勃発するTBS女子アナバトルとは?

赤江珠緒のおめでたで空いたポジションを巡り、TBSの女子アナたちにバトルが勃発している。
写真

イチオシ企画

女優・清水富美加「出家騒動」の真相

人気急上昇中の若手女優が出家引退危機!?そこから垣間見える、芸能界の闇とは?
写真



 >  >  >   > 韓国人の崇高な愛国心は上辺だけ?
お騒がせ!東アジアニュース

post_10641_korea.jpg
イメージ画像(Thinkstockより)

 愛国心が強いことで知られる韓国人だが、10人に4人が「再び韓国人として生まれたくない」と思っていることがわかった。一般紙・韓国日報が韓国、日本、デンマーク、ブラジルの4カ国を対象に世論調査を実施。「生まれ変わるとしたら、今の国の国民に生まれたいか」という質問に対して、「はい」と答えたのはデンマーク(75.2%)、日本(73.6%)、ブラジル(51%)、韓国(50%)と、僅差ながらも韓国が最も低かったのだ。

 世論調査の詳細に目を向けてみると、韓国人が自国の社会状況やシステムにかなり否定的であることがわかる。再びこの国に生まれたくない理由として挙げられるのは、「熾烈な競争社会」(19.5%)、「政府不信」(18.5%)、「社会の不正腐敗」(17.8%)、「人生の質の低さ」(16.2%)、「社会の不平等」(14.8%)、「経済的な困窮」(18.5%)と、その問題点を挙げたら枚挙にいとまがない。

 しかも、年齢が若くなればなるほど、否定的な者たちが多かった。再び韓国に生まれることに否定的な反応を示したのは60代で21.5%、50代で28%、40代で42.7%、30代で48%と世代によって高まっていき、20代になると、その数字は53.8%にまで達したという。



[ 関連リンク ]

ページ上部へ戻る

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。