イチオシ企画

フリーアナ・小林麻央さん、死去

がん闘病中だった小林麻央さんが22日に死去。これまでの活躍ぶりを振り返る――。
写真

特集

編集部厳選!トンデモ海外ニュース

堂々の1位はパリ! 世界100都市「性開放度」ランキング、東京は……?
写真

人気連載

さまぁ~ずがスポーツ番組?

 これからの時代、スポーツにも「ユルさ」が必要……そんなことを考えさせられる事象が、…
写真

ドラマレビュー

『小さな巨人』香川照之の大号泣

 長谷川博己・主演ドラマ『小さな巨人』(TBS系)がついに最終回を迎えました。その視…
写真



 >  >  >   > 外国人も呆れる韓国人の人種差別
トンデモ海外ニュース

「韓国では、他人を助けると痛い目に遭う」外国人もあきれる、韓国人の人種差別意識の画像1
イメージ画像(Thinkstockより)

 多文化共生をうたいながらも、人種差別がまん延している韓国。最近、それを物語る事件が起きた。

 釜山(プサン)の大型スーパーで買い物を終え、駐車場に向かっていたコロンビア出身のレオ・メンドザ氏と韓国人妻は、駐車場に入ってきた車の前に子どもが飛び出すのを目撃した。運転手は子どもの姿に気づいていないようだったが、レオ氏の妻が悲鳴を上げたことで事故は逃れた。

 レオ氏は2001年から釜山に住んでいるが、韓国語があまり得意ではないため、子どもの母親に英語で「ちゃんと子どもを見ていないとダメですよ」と話しかけた。しかし、なんの悪気もないその一言をきっかけに、彼は肉体的・精神的苦痛を味わうことになる。

 というのも、子どもの祖父Aがこれにブチギレ、「おい、お前の子どもじゃないんだから、ほっとけ」と食ってかかった。2人は口論となり、レオ氏は「クソ野郎」などと罵詈雑言を浴びせられただけでなく、挙げ句の果てに押し倒されて、つかみ合いのケンカになった。

 結局、現場に駆けつけた警察官によって署に連行された2人だったが、それでもAの興奮は冷めやらず、罵倒は続いた。「夫婦が悲鳴を上げて孫を驚かせたことに腹が立った」というAは、レオ氏をポーランド人と勘違いして「ポーランド野郎」と吐き捨て、彼がコロンビア人と知るや「もっとダメなところから来たな。気持ち悪いコロンビア野郎め」と侮辱した。

 これを受け、レオ氏夫妻は警察官に「人種差別的発言を慎むよう(Aに)言ってほしい」と要求。しかし、A以上に夫妻を驚かせたのは、警察官の反応だった。「“カムドゥンイ(韓国語で黒ん坊の意)”と言ったわけでもないのに、どこが人種差別的発言だというのか」と言い返したのだ。

 その後、レオ氏は自身のFacebookにこの騒動の顛末を詳しく書き込み、韓国在住の外国人たちに「韓国では、他人の生活に介入したり、他人を助けようとするな」とアドバイス。書き込みは、1,950件以上のシェア数と2,660件以上の「いいね!」を獲得している。

 昨年から問題になっていた“女性嫌悪”が少し収まってきたと思いきや、今度は人種差別……。解決すべき韓国の社会問題が後を絶たない。
(文=S-KOREA)

●関連記事
・ネットからついには現実世界にまで…韓国社会に蔓延する“女性嫌悪”の正体
http://s-korea.jp/archives/6303?zo
・外国人女性の被害続々…“女性観光客にとって危ない国”に落ちた韓国
http://s-korea.jp/archives/5821?zo



[ 関連リンク ]

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

小さな巨人

TBS/日曜21:00~

長谷川博巳による"警察版『半沢』"の出来は?

フランケンシュタインの恋

日本テレビ/日曜22:30~

綾野剛演じる"怪物"が人間に恋をした──

貴族探偵

フジテレビ/月曜21:00~

嵐・相葉雅紀が「推理をしない」探偵に!?

あなたのことはそれほど

TBS/火曜22:00~

『昼顔』より怖い"ゲス"不倫劇!? 

母になる

日本テレビ/水曜22:00~

沢尻エリカが34歳の"母"に! 期待のジャニタレも...

孤独のグルメ Season6

テレビ東京/金曜24:12~

「オッサンがメシ食ってるだけ」なのに、なぜ面白い!?

SRサイタマノラッパー

テレビ東京/金曜24:52~

あの"号泣メーン"「SHO-GUNG」がドラマで帰ってきた!

ボク、運命の人です。

日本テレビ/土曜22:00~

久しぶり共演の亀梨&山Pに注目!"神"っていったい...

悩殺グラビアすべて見る

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。