日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中韓が劇場版『鬼滅』改ざん上映

『鬼滅の刃』中韓は改変して上映! やはり炭治郎のアレを問題視か

文=中山介石(なかやま・かいすけ)

『鬼滅の刃』中韓は改変して上映! やはり炭治郎のアレを問題視かの画像1
中国版の耳飾りは地味で、炭治郎のエネルギッシュさが失われている

 アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が記録的ヒットを続け、その人気は海外にも広がっている。香港や台湾ではタレントが登場人物のコスプレをするなど、社会現象になっている。中国でも劇場版が公開されたが、由々しき事態が起きている。台湾メディア「自由時報」(11月8日付)によると、原作の絵が改ざんされているのだ。

 台湾版は日本のオリジナル版と同じだが、中国版のそれは、主人公の竈門炭治郎の特徴のひとつである耳飾りの模様が異なる。竈門家で代々受け継がれている耳飾りには、山の上の太陽が放射状に光を放っている様子が描かれているが、中国版ではその陽光が消されている。理由は「旭日旗を連想させるから」だという。改変された耳飾りのイラストはどこかのっぺりとした印象を受け、エネルギッシュさが半減している。

 中国ではすでにアニメが動画サイトで配信されているが、それはオリジナル版に字幕をつけてそのまま配信されている。なぜ劇場版は改変されているのだろうか。中国のコンテンツ事情に詳しい、上海在住のコンサルタント(45歳)はこう説明する。

「中国ではテレビの規制が非常に厳しく、日本アニメの放映が制限されていますが、一方でインターネット上では規制が緩く、日本の多くのアニメが配信されています。しかし映画となると、テレビ同様規制のレベルが上がります。きっと当局からの指導があったのでしょう」

 台湾メディア「今日新聞NOWnews」(11月11日付)によると、同様の改変は韓国でも行われている。戦争を描いた作品ならともかく、『鬼滅の刃』はまったく無関係であり、そこまで規制を受けて公開する意味があるのだろうか。日本のメディアは鬼滅ブームに浮かれている場合ではない。

中山介石(なかやま・かいすけ)

中山介石(なかやま・かいすけ)

1970年、神奈川県横浜市生まれ。日本の食材をハンドキャリーで中国に運ぶ傍ら、副業として翻訳・ライター業に従事している。

最終更新:2020/12/01 15:00

『鬼滅の刃』中韓は改変して上映! やはり炭治郎のアレを問題視かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

 興収101,5億円を記録した映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)、...
写真