https://dachd.box.com/s/hqc3vbbwxxcmct63bjsde6jt3yd1h13a
日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > KAT-TUN赤西・ヤラセ留学から帰国、復帰までの空虚な6カ月

SEO用記事タイトル

 4月20日、都内で帰国会見をした赤西仁はその場でKAT-TUNへの復帰を宣言。そのやりとりは「1日1200円の孤独な生活」「NYで行われたメンバーとの熱いミーティング」などと、女性週刊誌をはじめ大々的に報じられた。

「ジャニーズ御用雑誌は、今回の復帰をこぞって美談に仕立て上げたけど、印象的だったのは『真面目に語学学校通い』と報じた『フライデー』(5月4日号)。というのも赤西の生活は、語学留学とはほど遠いものだった。今回のスクープは、他の女性週刊誌同様、明らかに事務所主導の記事ですよ」(週刊誌芸能記者)

 休業の発端は「休みがほしい」という赤西のワガママによるものだったというが、実際、在米生活はどうだったのか?

「当初、赤西が住んだホームステイ先の一軒家は狭く、住み心地も悪かった。だが11月末、ハリウッドのクラブで出会ったある人物の一家が、赤西の面倒を見ることにしたそうです。その一家の長男が、KAT-TUNの舞台に出演経験があったことも関係していたのでしょう。ですが、そこでの生活は『夕方まで寝て、朝まで遊び、帰宅後、また夕方まで寝る』の繰り返し。赤西は『事務所にはいつでも戻れる』と周囲にこぼしていましたから、余裕もあったはず」(同)

 当初は1月に復帰予定だったが、事務所の意向により撤回。その後、赤西本人ら関係者を含むミーティングなどを経て、今回の復帰劇となった。そんなKAT-TUNは現在、全国ツアーの真っ最中、赤西は全行程に同行するという。だが、こうした事務所やタレントの“都合”に翻弄されるのは、マスコミではなく彼らを慕うファンなのかもしれない。(サイゾー編集部/「サイゾー」6月号より)

最終更新:2021/09/15 11:49

KAT-TUN赤西・ヤラセ留学から帰国、復帰までの空虚な6カ月のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

『バブリーダンス』創出した高校生の新価値観

 2017年に世間を賑わせた大阪府立登美丘高校の「バブリーダンス」や夏の甲子園大会の...
写真