日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 大ヒット漫画『ネギま!』作者はキュートな萌え妻にメロメロ!?

大ヒット漫画『ネギま!』作者はキュートな萌え妻にメロメロ!?

20070915_01.jpgこちらの衣装は、擬人化「ドラミちゃん」。萌え死に
しそうです……!!(写真/岡本英理)

秋にはドラマ化も予定されている大ヒット漫画『魔法先生ネギま!』の作者・赤松健さんの夫人・佳音さんが、7月に自身の公式サイトを開設し、話題になっている。これまでもブログ「ナナヒカリ」では惜しみなくコスプレ姿を披露し、赤松健ファンのみならず、一部ではそのキュートなルックスに萌える声があふれていたが、公式サイトはさらにコスプレ写真満載で、なんと水着姿まで……! そこで、2人の愛の巣を直撃!佳音さんは、可憐にして清楚な物腰で、ご主人との出会いを語ってくれた。


「第一印象は『超ダサ!』って感じで(笑)。私、そのときまで“漫画”ってどういうものなのかも、よくわからなかったんですよ。でもオタクという人種に、自分にはない自由さを感じたんですよね。それまで自分が固定観念に縛られて生きてきたんじゃないかって、主人と出会って気づいたんです」

 とはいえ、結婚後は常に「赤松健の妻」と言われることにプレッシャーを感じ、コーチングを受けたこともあるとか。オタク趣味がないために旦那様の仲間の輪に入れない疎外感もあったが、旦那様に促され、恥じらいつつも勇気を出してメイド服コスプレに挑戦! 以来、彼らとも打ち解け、自分自身もコスプレが大好きになったそうだ。

「何を言われても、自信を持って好きなことをやればいいんだし、“私は私だ”っていう考えを持てるようになったんですよね。こんな素敵な世界に出会えて、主人に感謝してます」

素敵な自己表現をしている佳音さんのサイトへ今すぐアクセス!(宗像明将/「サイゾー」9月号より)

☆赤松佳音☆
あかまつ・かのん 東京都出身。国立音楽大学声楽学科卒。音楽ユニット「iDea」では、音大時代の同級生である田中葵さんがピアノを担当している。今年で結婚5周年。旦那様との出会いから結婚まではわずか3カ月のスピード婚だったとか。(http://kanon00.com/)

最終更新:2013/10/09 19:51
こんな記事も読まれています

大ヒット漫画『ネギま!』作者はキュートな萌え妻にメロメロ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真