日刊サイゾー トップ > 社会  > 日本の刑務所はパンク寸前 だけど民営刑務所は必要?

日本の刑務所はパンク寸前 だけど民営刑務所は必要?

 今年5月、山口県美祢市に、全国初の“民営”刑務所「美祢社会復帰促進センター」が開所した。“民営”刑務所といっても、アメリカ型刑事施設の「民営化」とは異なり、PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)という、部分的な業務を民間企業に委託する、官民混合型の運営方式だ。PFIを導入した最大の目的は、現在、収容率115%という全国の刑務所の過密収容状態の緩和にある。独房に2人、あるいは6人部屋に8人が入れられているケースも珍しくなく、受刑者のストレスが高じ、ケンカなどのトラブルの要因にもなっている。とはいえ、国家予算だけでは早期の刑務所増設は難しい。そこで民間資金を活用しよう、ということなのである。

 美祢の刑務所の収容対象は、刑期8年未満の初犯者に限られているが、刑法犯総数における再犯者率は50%を超えるといわれている。元刑務官は、その理由についてこう語る。

「いま、受刑者は社会的弱者ばかり、高齢者、身体・知的障害者、外国人。本来ならば、市民社会が受け入れるべき人たちです」

 さらに、刑務所の過密状態をもたらしているのは、近年の“厳罰化”に最大の要因があるという。多くの刑事裁判を抱える弁護士のひとりは「以前ならば検察官が起訴しなかったようなケースでも、すぐに事件化するようになった。検察の“量刑相場”も確実に上がっている」と、語っている。その背景として“治安悪化”が指摘されるが、データ的に凶悪事件が増加しているという根拠はどこにもない。こうして見ると、本来ならば福祉施設での処遇、保護観察など拘禁代替措置が取られるべきケースも少なくないのではないか。アメリカでは刑務所の民営化によって“刑務所ビジネス”が跋扈した結果、刑務所が増えた分、収容者が激増するという本末転倒な現象も起きている。刑事施設において開放的なイメージは評価されるべきだが、民間業者の手を借りてまで、刑務所を増設する必要性があるのか?
(亀井洋志)

最終更新:2008/06/17 22:51
関連キーワード

日本の刑務所はパンク寸前 だけど民営刑務所は必要?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

想田和弘監督、妻も仰天発言

『精神』『選挙』など、一切のナレーションやテロップを排したドキュメンタリーである「観...
写真