日刊サイゾー トップ > 芸能  > タブーなきデヴィ夫人!! “中居・倖田”から拉致問題まで!(前編)

タブーなきデヴィ夫人!! “中居・倖田”から拉致問題まで!(前編)

20071009_devi1.jpg“神”にとってはジャニーズタブーなんて下界の話?

歯に衣着せぬトークで数々の「伝説」をつくってきたデヴィ夫人。そんな夫人にとっては、ジャニーズだって、タブーでもなんでもない !? 今度は、本人に対して誰もツッコミを入れようとしなかった「中居×倖田交際」ネタを、中居の前でしれっと口にしてみせた。

 デヴィ夫人が生放送で「中居くんは倖田來未って恋人がいて……」と発言したことが、インターネットを中心に話題になった。また、その現象は複数のニュースサイトで取り上げられた。


 もともとSMAP・中居正広と倖田來未の熱愛をスクープしたのは「スポーツニッポン」(8月15日付)だが、こんなビッグカップルの話題にもかかわらず、テレビの情報番組等では、その真偽を本人サイドに確認することも含めて、一切後追い取材などはなかった。ジャニーズタレントのスキャンダルは、テレビ業界では・タブー・と言われているからだ。

 ところが、『笑っていいとも!』(フジテレビ系、9月4日放送)にゲスト出演したデヴィ夫人が爆弾発言。恋人にしたい男性を選ぶコーナーで、中居本人を目の前に、「中居は問題外」とし、その理由を「だって、中居くんは倖田來未って恋人がいて……」と平然と述べたのだ。(たぶん)国民の誰もが、「なぜ、共演者たちは中居に倖田ネタをつっこまないのか!」とフラストレーションがたまっていた折の出来事だったゆえ、会場内は騒然となり、品川庄司の庄司智春が「なんだ、デヴィ夫人って。スゲーよ!」と叫び、当の中居は「ありえないから~!」と絶叫。即CMに切り替わるという事態になった。

 この模様はネットの動画サイトにもすぐさま投稿され、2ちゃんねるなどでは、デヴィ夫人への称賛の書き込みが相次いだ。

 あの発言は、いったいなんだったのか。メディアタブーに対する挑戦か!? デヴィ夫人を直撃した。

──あの一件で、ネットではデヴィ夫人は「神」といわれていますよ。

夫人 本当? どうして? だって、雑誌かなんかで読んだ情報をしゃべっただけよ。

──この話題は、テレビでは触れることができない、タレントは口にすることも許されないといわれています。

夫人 ジャニーズが怖くて?

──そう言われています。触れないことが暗黙の了解なのに、夫人が生放送で発言されたものですから……。

夫人 すごかったわよ。あの後にもう一言、「私はおじゃま虫したくないですから」と申し添えたのに、会場がドッとなって声が消されちゃって。控え室に戻ったら、ヘアメイクの人に「私、一瞬硬直しました」って言われましたわよ。私、なんにも知らないから、怖いもの知らずよ。オホホ。

──テレビが、ジャニーズに異常に気を使ってることはご存じでしたか?

夫人 ジャニーズが非常に影響力を持っていて、守られているということは知ってましたよ。でも、ロマンスって素敵なことだから、隠すようなこととは思ってなかった。これが本人にとっても気の毒な問題でしたら、言わなかったかもしれませんけど。

──番組は、あの後どうなったんですか?

夫人 みんな笑ってましたわよ。マサミちゃん(久本雅美)が「デヴィ夫人ったらー」って興奮して言ってました。

──放送後、プロデューサーから何か言われましたか?

夫人 何も。私に言ってもしょうがないだろうと思ってるんじゃないかしら。私にモノを言う勇気のあるプロデューサーがいなかったりして。
(構成=安楽由紀子/中編へ続く

ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ
1940年生まれ。59年、インドネシアの初代大統領スカルノと結婚。日イ友好協会名誉会長に就任し、両国の文化交流、親善に務める。スカルノ政権崩壊後、パリに亡命した後は社交界で活躍、“東洋の真珠”と賛美され続けている。現在は、ボランティアに注力して、野生動物や熱帯雨林の保護、先住民の権利保護など、さまざまな環境保護活動を行っている。公式HP

【関連記事】 SMAP争奪戦で激化!ジャニーズ帝国の内部対立
【関連記事】 KAT-TUN赤西・ヤラセ留学から帰国、復帰までの空虚な6カ月
【関連記事】 “ジャニコン”必携のうちわで担当の投げCHUをゲットせよ!!

最終更新:2008/06/09 19:10

タブーなきデヴィ夫人!! “中居・倖田”から拉致問題まで!(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

バイきんぐ西村の本当の“すごみ”

「キングオブコント2012」で優勝。無名のコンビは一夜にしてその名を世間に轟かせた。...
写真