日刊サイゾー トップ > 芸能  > 伝説の“井森ダンス” 流行の後押しは本人の意志だった?

伝説の“井森ダンス” 流行の後押しは本人の意志だった?

20080110_imori.jpg↑YouTubeにもアップされ、話題に

 昨年11月、第32回ホリプロスカウトキャラバンが行われ、現在中学3年生の足立梨花がグランプリに決定した。

 ところでこのホリプロスカウトキャラバン、第9回(1984年)グランプリ受賞者となったのは井森美幸だが、この名前を聞いて、思い浮かべる言葉はなんだろうか? 「群馬出身」? かつてのキャッチフレーズ「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」? いや、いまでは九割方の人が、「井森ダンス」と答えるのではないだろうか?

 レオタード姿で珍妙な振り付けをする彼女の衝撃的な映像は、いまだにバラエティ番組でたびたび流され、彼女をよく知らない若い世代にも有名なものとなっている。最近では、なだぎ武の「ディラン」にも、「知らないのかい? 日本でいちばん有名な井森ダンスだぜ」などとネタにされているほどだ。

 この「井森ダンス」、井森がかつてホリプロのスカウトキャラバンの予選の際に踊ったダンスについた名称。それにしても、なぜこんなに時を経ても映像が流れ続け、これほどまでに有名になったのか? そもそも、なぜ彼女はこんなダンスをしたのか? ホリプロに問い合わせると、「あの映像はずっと昔から流れていたわけじゃなく、4~5年前からですよ。ここ最近のことだと思います」(担当マネージャー)とのこと。具体的にブレイクのきっかけとなった番組や、このダンスの正式名称、このダンスをした理由などについて聞いてみたが、取材はNGとのことだった。

 ということはこの井森ダンス、事務所的にはタブーとされているということなのだろうか?

 だが、2007年7月放送の『うたばん』(TBS)では、このジャズダンスのリベンジとして、当時とあまり変わらないダンスを披露しているし、8月の24時間テレビ内の「芸能人マル秘決定的瞬間! お宝映像100連発!!」でも紹介され、場内からは「い・も・り! い・も・り!」の井森コールが上がるという出来事があった。この盛り上がりの中、不敵にも井森は、黄色いTシャツ姿であの伝説的井森ダンスを披露し、場内は大爆笑に。

 さらに、このダンスについて「こっちはコレで20年メシ食ってんだ!」などとも発言。上述の昨年のホリプロタレントスカウトキャラバンにおける、決勝出場者のインターネット動画の公開収録時、ホリプロの先輩として出場者の激励に訪れた彼女は、こうコメントした。「私なんか、水色のレオタードでジャズダンス踊ったんだから!!」

 そう。要は、彼女自身は、ネタとして大いに気に入っているのである。

 このように、大いに(?)話題の、伝説の井森ダンス。SMAPの中居正広も「辛いとき、この映像見ると励まされる」と発言しており、ネットでも、「勇気づけられた」「励まされた」「どんなに辛いときでも笑える」などという、好意的な声が多い。

 時を経てなお生き続ける「井森ダンス」は、知らず知らずのうちに、人々の癒しとなっているようだ。
(田幸和歌子)

【関連記事】 大好評の深夜ドラマ『SP』に警視庁が意外な(?)困惑
【関連記事】 NHKの「きれジャイ」アナウンサーよ プリーズ・カム・バック!!
【関連記事】 小栗旬『情熱大陸』で見せた衝撃の一面!

最終更新:2008/01/16 20:54

伝説の“井森ダンス” 流行の後押しは本人の意志だった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真