日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 原作モノ続きの映画業界 「ヤッターマン」の前評判は?

原作モノ続きの映画業界 「ヤッターマン」の前評判は?

20080122_fukadakyouko.jpgドロンジョ役に抜擢されたフカキョン
ウリのぽっちゃりが仇となるか?

ネット上で今話題になっているキーワードを、サイゾー独自の視点で鋭くぶった斬り! 気になるあのニュースの、“ちょっとした裏側”お見せします。(キーワードの選出には、はてなダイアリーキーワードのキーワードランキングを参考にしています)

※今週の注目キーワード 【ヤッターマン


 今月14日、30年ぶりにテレビで復活した『ヤッターマン』(読売テレビ系)。世良公則氏と野村義男氏のユニット、「音屋吉右衛門」の歌う主題歌に対して、作者・山本正之氏が所属会社(ベラ・ボーエンタテインメント)のHPで「(メロディや歌手の選出について)打ち合わせと違う」とガッカリな心中を明かしたほか(現在当該コメントはHPから削除されている)、旧作ファンからも批判的な意見が多く寄せられ、好調とは言い難い出だしとなった。

 そんな中、つづく翌15日には、来年春に公開が予定されている実写版『ヤッターマン』(三池崇史監督・松竹/日活配給)の3悪人のキャスティングが発表された。ドロンジョ役が深田恭子、ボヤッキー役が生瀬勝久、トンズラー役はケンドーコバヤシ。ネット上では、深田恭子について「イメージと違う」などの批判もあるものの、「ボンテージ姿が見たい」「お仕置き後のセミヌードに期待」など、エロ目線での期待が高まっているようだ。

 それにしても最近、『ゲゲゲの鬼太郎』や『エヴァンゲリオン』などリメイク・原作モノばかりが続くが、同じく原作モノであるこの実写版『ヤッターマン』、映画業界での前評判はどうなのだろうか。

「ヤッターマンが実写映画化される、という話が流れてきたとき、ウチの会社では、『ヤッターマンやるんだ……へぇー』って感じでした(笑)。衝撃はなかったですね。まあ、三池監督なので、原作に忠実、という訳にはいかなそうですが、違うものとしておもしろい作品になるかもしれませんね」(大手配給会社社員)

 三池崇史氏といえば、現邦画界を代表する監督で、海外での評価も高い。リメイク・原作モノでも、『妖怪大戦争』(05年)、『クローズZERO』(07年)などを手がけ、一定の評価を得ているという実績がある。こうした監督への期待に加えて「リアルタイムに見ていた世代とその子供世代、さらに主役の櫻井翔でジャニーズファンの動員も狙っているんでしょうね。アニメのリメイクも時期を合わせたりなんかして話題を作っているので、興業収入的にはそこそこ成功するんじゃないでしょうか」(同)と中ヒットの予想。

一方で、「映画業界の中でも、もう原作モノやリメイクはどうかな?って感じになってます。今年は、企画される数もグンと減りそうですよ」(同)との見解も示した。映画の企画は数年単位のため、すでに製作中のものもいくつかあるようだが、いい加減に食傷気味の方へは朗報かもしれない。今回の実写版ヤッターマンの出来が、それらの作品の興行に悪影響を及ぼさなければいいが……。
(逸見信介)

【関連記事】 『墓場鬼太郎』で、鬼太郎の“二重人格”ぶりはもう見た?
【関連記事】 映画版「ヱヴァ」、早くも流出! 犯人は内部関係者?
【関連記事】 “ハチクロ”イタい低視聴率スタート 理由は「原作破壊」?

最終更新:2008/01/23 12:52
こんな記事も読まれています

原作モノ続きの映画業界 「ヤッターマン」の前評判は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

【試し読みあり】失恋×グルメガイド

 3月に刊行されたコミック『失恋めし 京都・奈良・大阪・神戸編』(KADOKAWA)...
写真