日刊サイゾー トップ > 社会  > 紗綾を発掘した写真家・会田我路が、U-17市場を斬る!(前編)

紗綾を発掘した写真家・会田我路が、U-17市場を斬る!(前編)

20080206_saaya.jpgFカップ小学生・紗綾

 Tバックや手ブラなど、過激化の一途をたどり、昨年は逮捕者も続出したジュニアアイドル業界。 もはや限界を超えているこのシーンにおいて、かつてFカップ小学生として名を馳せた紗綾を見い出し、また、 Tバック中学生小池凛 Vバック小学生大西杏奈 など、 常に衝撃的な作品を撮り続けてきたのが、業界の重鎮カメラマン・会田我路氏だ。氏を直撃し、業界の行く末を聞いたーー。

20080206_anna.jpgVバック小学生・大西杏奈

 ジュニアアイドル業界で過激な衣装、演出競争が始まったきっかけとなったのは、当時中学生のしほの涼が当たり前のようにパンチラを披露している、2005年2月発売のDVD『Snappy!』と写真集『りょうおもい』(ともに心交社)とされている。だが、ブームといえるほど状況が加熱するまでには、その後1年ほどのスパンがある。その間に、Fカップ小学生こと紗綾がデビューし、ネットでの盛り上がりを皮切りに、彼女は深夜番組出演や「週刊プレイボーイ」(集英社)などメジャーグラビア誌へも進出し、後のジュニアアイドルブームの礎を築いていった。その紗綾を見いだしたのが、写真家・会田我路氏だった。

 以降、会田氏はTバック小学生や手ブラ中学生など、過激なU- 17作品を次々と発表。しかし今、 過激な演出ばかりに頼るジュニアアイドル業界の姿は、氏の目にはどう映っているのだろうか?    

――まずは、ジュニアアイドルが注目されるきっかけとなった、紗綾の作品を撮影された経緯を教えてください。

会田(以下、会) 彼女の所属事務所から紹介されたのが最初ですね。事務所はほかの女の子と3人セットで売り込んできたけれど、 僕は紗綾ちゃんを見た時に、この子は絶対売れる、と思ったんですよ。というか、彼女しか売れないだろうと思った。

――彼女のブレイク後、業界にはAV業界からスタッフが流入し、過激な露出・演出競争が高まり、そして現在は摘発が相次いでいます。この状況について、どう思いますか?

会 こういったDVDは書店で売られるわけではないから取次との交渉が不要で、出版コードがなくてもショップに置いてもらえるから、売れるとわかった途端、金の亡者たちがどどっと集まったということなんでしょうね。AV業界の人たちが進出してこなければ、 今のように過激路線を突き詰めて、逮捕者が出るようなことにはならなかったんじゃないでしょうか。 フェラチオを連想させるようにバナナを舐めさせたり、精液をイメージした白濁液をぶっかけたり、 ローションを体に塗ってマッサージしたり……そういったAVもどきの作品を作るのは、やめてほしいです。非常に迷惑していますよ。僕も確かに女の子がTバックの水着を着たDVDなどを制作しましたし、雑誌などで糾弾されることはあるけれども、いっさいAVもどきはやらない方針でやってきました。

――ぶんか社がU-17作品の制作から撤退した理由は警察から警告されたからだという話を聞いたことがありますが……。

会 ぶんか社にそういった警察からの連絡は、一切入っていません。あれは完全な自主規制でした。ぶんか社はU-17作品以外にも、ファッション雑誌などを多数発行しています。ただ、僕のU-17作品が突出して売れてしまった結果、 マスコミから批判が集まるようになってしまいました。「週刊文春」(07年2月22日号)などの週刊誌に、ジュニアアイドル作品の批判記事を書かれた時点で、そのほかの雑誌に入る広告に影響が出ると困るので撤退したということです。

――なるほど。自主規制をするメーカーがある一方で、業界内では未成年者を対象に淫らな撮影をしたなどとして児童福祉法違反の疑いで逮捕者が現れている状況です。報道されている情報によれば、いずれの事件も撮影以前の段階で、 モデルの少女側と制作側に契約の相互理解が十分なされていなかったことに原因があると思われますが、会田さんは、モデル側とは、 どういった契約をされているのでしょうか?

会 モデルが未成年の場合は、撮影前にまず年齢確認と親御さんからの許諾を取ることを徹底しています。たとえば小池凛さんにかんして言えば、彼女の両親に僕の事務所までお越しいただいて、Tバックを含む水着の撮影ということをすべて説明した上で、許諾書をもらいました。撮影現場に同行される親御さんもおられますよ。

――小学生の大西杏奈が着たVバック水着や、中学生の小林万桜による手ブラポーズなど、会田さんの作品の過激な衣装やポージングについて「児童ポルノ法違反になりかねない」という意見もありますが、そのことについてはどうお考えですか?

会 顧問弁護士から指導を受けたぶんか社の責任編集者との話し合いで、水着であればTバックであれVバックであれ法律の範囲内である、という結論に達しました。 下着はNGです。手ブラは衣服をまとっていることになりませんから、法的には絶対ダメですし、撮っていません。ただ、水着を手で隠して撮れば、手ブラに見えますよね? カメラマンのテクニックですよ。昔からある手法です。
(岡沢宏志─構成/明日の後編に続く!)

【関連記事】 Tバック・手ブラは当たり前! 迷走するジュニアアイドルの未来
【関連記事】 『恋から』出身アナの輝かしいチャイドル時代
【関連記事】 北海道ハメ撮りロリコン教頭、素人投稿誌を廃刊に追いやる!?

最終更新:2014/03/03 15:56

紗綾を発掘した写真家・会田我路が、U-17市場を斬る!(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

村西とおるが緊急エール!

 4月7日に発令された緊急事態宣言も、すべての都道府県で解除され、数カ月に及ぶパンデ...
写真