日刊サイゾー トップ > 社会  > 「新興市場」「ITベンチャー」に光明はあるのか?

「新興市場」「ITベンチャー」に光明はあるのか?

20080422_horiemon.jpgライブドアショックの立役者。この人が新
興市場に残した影響は大きかった

 一時はITベンチャー・ブームで活況を呈した新興市場の株価が下げ止まらない状況だ。しかも下落は長期にわたり、とうとう2年を過ぎて、東証マザーズ指数は、01年の指数算出以来の最安値が迫っている。

 06年1月のライブドアショック以降、投資家の不信感は新興市場全体に広がり、ほぼ全銘柄が売られて株価は下げ続けた。

「昨年の夏には、“新興市場は悪材料が出尽くした。信頼も取り戻しつつあり、年内に1回、上昇気流が吹くのではないか”という声も上がったのですが……」(ファンドマネージャー)

 実際、10月にミクシィをはじめ時価総額の大きい銘柄が急騰したが、結局長続きはせず、一瞬の吹き上げに終わった。

「外国人投資家が買い上げたのですが、最初から短期投資目的だったみたいですね。これに個人投資家が続けば盛り上がったのでしょうが、市場にそれだけの好材料がなかった」(証券関係者)

 結局、ライブドアショックで傷ついた個人投資家は参戦できず、年末へ向けて株価は収束、年明け後は東証1部市場に引きずられて下げ続けている。

 長期下落の要因は、第一に、03年以降の新興市場バブルを牽引したITベンチャーを中心にした「新興企業群」が、成長鈍化と、そして刑事事件化の危惧にさらされ、「新興企業の終焉」とまでいわれていることにある。

 00年のネットバブルに続き、03年に新興市場が急騰した。ライブドア、楽天、USENなどの若い起業家が率いる企業が、積極的なM&Aによる拡大の夢を描いて代表銘柄となったのは、記憶に新しい。

 しかし今、ライブドアは説明するまでもなく、楽天は成長が止まり、USENと共に有利子負債が重くのしかかる。人材派遣では、東京地検案件と言われるグッドウィルと共に、フルキャストの周辺も騒がしい。また、楽天やGMOの信販事業進出の失敗に象徴されるように、新興企業の金融事業進出はことごとく失敗した。サイバーエージェント、テイクアンドギヴ・ニーズなど、どこを見ても色あせて見える。

 第二に、新興市場は新たな企業が次々上場するが、ヒルズ族に代わり、期待を演出できる企業が現れないことだ。

「新興市場の新たなリード役に育つと期待されるのはミクシィです。しかし、業績は伸びていますが、上場した時に調達した70億円は銀行に預金したまま。新たな戦略が見えず、これでは成長への期待が盛り上がらない」(前出・ファンドマネージャー)
 特に新興市場は「期待」で買われる。ただし、M&Aによる拡大へ走ったライブドアや楽天と同じ演出は、もはや通じない。

 では、次の期待はどのように演出されるのだろうか? 今回の調査隊は、そんなお堅いテーマに取り組んだ。下げ止まらない「新興市場」「ITベンチャー」に光明はあるのか? 続きは『株ココロ』にて。

【関連記事】 米国も注目! アップル「iPhone」の日本市場での成否は?
【関連記事】 株式投資本を書いているタレントの、投資テクニックとは?
【関連記事】 カリスマ株ブロガーに学ぶ! 株主優待制度の活用法

最終更新:2008/05/21 22:34

「新興市場」「ITベンチャー」に光明はあるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真