日刊サイゾー トップ > カルチャー  > お坊さんが英語で禅を説く 観光客殺到で副住職はうれしい悲鳴?

お坊さんが英語で禅を説く 観光客殺到で副住職はうれしい悲鳴?

suna.jpg指導を行うのは、妙心寺退蔵院の副住職・松山さん

 禅の境地は「clean your heart」「clean your mind」──。「COOL JAPAN」効果か、海外から日本に遊びにくる人の数が年々増え続けている。そんな中で、京都の古寺が行っている、英語で禅を体験できるコースが海外からの観光客に人気らしい。「ただ単に街を観光して、ご飯を食べて、というのではなく、日本文化を体験してみたい人のために、英語で禅を体験できる場を作ろう」と考えたのは、妙心寺退蔵院(京都市右京区)の副住職・松山大耕さん。昨年から始めたコースは、座禅に始まって書道、茶の湯を体験し、庭園と水墨画についてのレクチャーを受けた後、精進料理を食べるという、半日かけて禅の世界をたっぷり感じることのできる内容の濃さだ。すべて松山さんが英語で直接指導をする。

「これだけやれば、どれかひとつは気に入ったり自分に合うものを見つけられる。年齢や文化圏によって、興味の方向がまったく違うんです。フランスの方なんかは禅問答が好きな人が多いですね」(松山さん)

 さすが現代思想の先進国!? でも、参加希望者が増えすぎると、松山さんひとりでは大変なのでは?

「そうですね、ほかにもやることはたくさんありますから、あまりこれで忙しすぎるのも考えものかと……。やりたいというお寺があれば、喜んでノウハウをお教えします」(同)

 最近では、ハーバード大、スタンフォード大、コロンビア大といった、いわゆるエリート校の学生が団体で来ることも増えているそう。「英語で禅」が海外からの修学旅行の人気コースになる日も、そう遠くないのかも!?
(編集部)

※恰幅がいい人など、どうしても座禅が組めない人には椅子を出すとか。「足を組むことだけが座禅ではない」(松山さん)そうだ。ちなみに、通訳を通して禅の指導を行う寺院は他にもあるが、時間が倍くらいかかってしまうらしい。

『妙心寺退蔵院』
京都市右京区に大本山を持つ、妙心寺の塔頭(たっちゅう・中心伽藍周辺に設けられた小寺院のこと)のひとつ。600年の歴史を持つ、室町時代に建立された古刹。国宝の「瓢鮎図(ひょうねんず)」を所蔵している。「桜の春、紅葉の秋が、ウチの庭は一番きれいです」とは松山さんの弁。http://www.taizoin.com/main.html

【関連記事】 「東京ボーズコレクション」に潜入! 実は、坊主ってカッコEんだYO!!
【関連記事】 オタク・ミーツ・英会話!? 世界初“コスプレ”英会話スクール
【関連記事】 “神に最も近い男”角川春樹 宇宙、宗教、映画を斬る!

最終更新:2008/06/06 18:54
こんな記事も読まれています

お坊さんが英語で禅を説く 観光客殺到で副住職はうれしい悲鳴?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...…
写真