日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 『ごくせん』高木はもう古い!?次世代の要注目Jr.を探せ

『ごくせん』高木はもう古い!?次世代の要注目Jr.を探せ

ns_takagi.jpg演技の評判はあまりよろしくない、
Hey! Say! JUMPの髙木雄也クン(18)

 初回26.4%の高視聴率でスタートを切ったドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)第3シリーズ。主要メンバーに、Hey! Say! JUMP・高木雄也のほか、無名だった関西ジャニーズJr.の中間淳太、桐山照史が抜擢されたことでも話題を呼んでいるが、関東、関西合わせて100名以上存在するといわれるジャニーズJr.(以下、Jr.)の中で、事務所が大プッシュしている、そのほかの“スター候補生”をチェックしてみよう。

 まずは、放映中のドラマ『バッテリー』(NHK)で、天才投手役を演じているHey! Say! 7 Westの中山優馬(14)。小1から続けてきた野球の腕を買われ、約300人のオーディションから選ばれた逸材で、今回がドラマ初出演にして初主演。入所1年半で雑誌「Myojo」(集英社)の表紙を飾るなど、押せ押せムードだ。ちなみに中山の姉は、モーニング娘。などが所属するハロー!プロジェクトの新ユニット「SI☆NA」の中山菜々でもある。

また、深夜バラエティ『百識王』(フジテレビ)に出演している「カトカン」こと加藤冠(14)も、押さえておきたい。実は彼、Jr.入りする直前の06年2月、 「R-1ぐらんぷり」へ参加し、準々決勝まで進出したという経歴の持ち主。さらに、小学館が実施した第一回「12歳の文学賞」への応募を機に「小学四年生」で小説家デビューするなど、多彩な才能の持ち主だ。

「最近は、特技に秀でた子や有名人二世など、特徴のあるJr.がプッシュされる傾向にあります。Kis-My-Ft2やA.B.C.、Question?などのメンバーも追っかけの間では人気を集めていますが、一時期のKAT-TUNのような勢いはない。近々新しいユニットが結成されるなど、大きな動きがあるのでは?」 (ジャニーズウォッチャー)

 ファンと事務所の後押しがあってこそ浮かび上がれる、Jr.の世界。ジャニー社長イチオシのHey! Say! JUMPが人気不振で苦戦する中、新たなスターの誕生が待たれるところだ。
(竹辻倫子・平松優子)

【関連記事】 『ごくせん』で600人から選ばれたジャニタレ・高木雄也の大根ぶり
【関連記事】 女子もジャニーズを見捨てた!? オリキが語るファン事情
【関連記事】 田中聖兄弟だけじゃない ! ジャニーズに兄弟ユニット急増の謎
【関連記事】 Ya-Ya-yahが消滅へ……ジャニーズJr. の“捨てられ方”

最終更新:2013/02/04 19:28
こんな記事も読まれています

『ごくせん』高木はもう古い!?次世代の要注目Jr.を探せのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真