日刊サイゾー トップ > カルチャー > 本・マンガ  > 「深海は暗黒じゃない」神秘のカラフル世界を垣間見る本

「深海は暗黒じゃない」神秘のカラフル世界を垣間見る本

shinkaihyoushi.jpg『深海』/晋遊舎

 まるで、いつか映画で見た地球外生命体である。太陽光の届かない深海の生物は、地上生物とはまったく別の進化を遂げているという。

 26日、そんな深海生物の知られざる姿を捉えた写真200点以上が収録された書籍『深海』(晋遊舎)が刊行された。

神秘的な深海生物写真の一部はこちらから

 同書に掲載されている写真は、水深6000メートル以下という超深海に生息する未知の生命体や、色鮮やかに発光するもの、マンガのキャラクターのようなもの、何だかよくわからないけれど大変に美しいものなど、どれも初めて目の当たりにするものばかり。その神秘の世界には、思わず息を飲んでしまう。

 それにしても、いったいどうやってこれほどの数の写真を集めたのだろうか。

「フランスのジャーナリスト、プロデューサー、そして監督でもあるクレール・ヌヴィアンが、3年もの月日を掛け、世界中の研究者、海洋学者に協力を仰ぎ、潜水艇や無人探査機から撮影された写真を集め『ABYSS』という本を作りました。本書はその翻訳版になります。この『ABYSS』はアメリカを始め世界中で翻訳されているのですが、写真の発色の良さは、日本版が世界一だと自負しています(笑)」(晋遊舎・益永氏)

 現在確認されているだけで約3000種、さらに、未確認の生物がどれだけ存在するかも分からないといわれる神秘の『深海』世界。その一端に触れてみてはいかが?

shinkai01.jpg

shinkai02.jpg

shinkai03.jpg

shinkai04.jpg

shinkai05.jpg

『深海』
著者/クレール・ヌヴィアン
判型/A4変形
出版社/晋遊舎
定価/3800円+税

深海

もうひとつの宇宙は、海の底にある。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 アニマルサイエンス! 野生動物のエッチを見よ
【関連記事】 ブリーダーから店頭まで……ペット生体販売に潜む闇
【関連記事】 マヌケ飼い主、悪徳業者! アイドル犬に群がる人々

最終更新:2008/09/28 15:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真