日刊サイゾー トップ > 社会  > 「フラッシュEX」休刊決定! 写真週刊誌一掃の前触れか!?

「フラッシュEX」休刊決定! 写真週刊誌一掃の前触れか!?

flashex_20080922.jpg『FLASH EXCITING』(光文社)
2008年10月25日増刊号

 写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)の増刊号的役割を担っていた「フラッシュエキサイティング(フラッシュEX)」の休刊が決定した。すでに編集部には通達され、近く社外にも正式発表される見通しであるという。

 1990年10月の創刊から18年、ついに幕を閉じることになったワケだが、濃厚な特集企画の記事作りには定評があり、読者からの評判や発行部数は決して悪くはなかった。事実、昨年度は平均40万部の部数と発表されており「どちらかというと売れていた雑誌群に入るはず」(関係者)だという。

 底の見えぬ出版不況の最中、”ありがたい媒体”であったことに疑いはないが、それがなぜ休刊になったのか? 事情通が耳打ちする。

「創刊当時の季刊で発売していた頃は、本誌のグラビア二次使用ばっかりで経費がかからず、しかもそこそこ売れたからドル箱雑誌でしたよ。しかし、そこに気を良くして、隔月化にしてからは、制作費をかけた割に売れず、さらに他社から『EX MAX!』(ぶんか社)、『EX大衆』(双葉社)、『BRAVOエキサイティング』(コアマガジン)といった、表紙から何からそっくりな競合誌が乱発し、シェアを食われてしまったんです」

 よくある雑誌休刊の縮図と見られるが、同誌に限っては理由はそれだけではないようだ。

「光文社の上層部が『フラッシュ』や『フラッシュエキサイティング』をどうしても休刊にしたかったというのが真相のようです。まあ、『フライデー』を出版している講談社の上層部も、スキャンダラスな写真誌を発行することに積極的ではありませんからね(苦笑)。ともあれ、光文社上層部は手始めに『フラッシュエキサイティング』を消して、いよいよ本丸『フラッシュ』に手をつけようという流れを作りたかったんですよ」

 いよいよ出版界も、ひとつの時代に区切りをつけ新たな雑誌ムーブメントを作ろうとしているのだろうか?

何が週刊誌を凋落させたのか!?

週刊誌がこの先生きのこるには?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 ギャラは”代”相当? 元編集が語るコミックガンボ休刊の内幕
【関連記事】 やっぱり休刊決定! 「『ヤングサンデー』休刊を検討」の真相
【関連記事】 さらば、愛しき休刊雑誌たちよ’07

最終更新:2008/09/29 08:00

「フラッシュEX」休刊決定! 写真週刊誌一掃の前触れか!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フワちゃんを真正面から受け止める黒柳徹子

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...
写真