日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 先行レビュー「マドンナ暴露本」日本語版のスゴい中身
セックス、金、ドラッグ......

先行レビュー「マドンナ暴露本」日本語版のスゴい中身

madonnabookh.jpg

 80年代に『ライク・ア・ヴァージン』の大ヒットで一躍トップアーティストに登りつめたマドンナ。50歳を迎えた今年も8回目のワールドツアーを成功させ、ヤンキースのA・ロッドとの不倫疑惑など、セックスシンボルとしても変わらず現役で活躍中だ。

 その世界の歌姫のセックスライフやドラッグスキャンダルなどを実弟が描いた暴露本『姉マドンナとの生活(Life with My Sister Madonna)』が6月に全米で発売されて話題となったが、このほどアメリカ以外の13カ国でも翻訳されることが決定。日本でも大手3社による”争奪戦”の結果、ぶんか社(千代田区)が権利を獲得。この12月20日に全国で発売される。

 執筆はマドンナの元スタイリストで、衣装デザインやコンサートのディレクションもしていた実弟のクリストファー・チコーネ。ゲイで知られる彼がマドンナと極貧時代を過ごし、共に仕事をしながら見てきたマドンナの赤裸々なプライバシーがこの本のコア。チコーネ所蔵によるスナップ写真もアルバム風に並べられ、整形説が根強いマドンナの今と、若かりし頃の顔とを比較するのも一興だ。

 執筆についてはチコーネからの聞き取りをイギリス人ジャーナリストのウェンディ・リーがゴーストライターとして書いたとも言われており、表向きは2人の共著という形。執筆料は不明だが、初版35万部という数字とネームバリューからみて、莫大な前払い金がチコーネに渡ったといわれている。

 ちなみに共著をしたリー氏はライザ・ミネリやグレース・ケリーの伝記を執筆したことでも知られる著名な書き手。原書を読んだ日本人翻訳家によれば、「サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を思わせるなかなか味のある英文。ゴシップ性だけでなく読ませる回顧録という印象」。それを受けてぶんか社も翻訳には力を入れたようで、500ページ近いボリュームを飽きさせずに読ませることが、売れ行きを左右する一つの鍵となりそうだ。

 さて、気になる中身。発売前に入手した現物を見て目につくのが、先頃マドンナとの離婚が成立した映画監督のガイ・リッチーへの恨み節。この義兄弟の不仲は尋常ではなかったようで、マドンナとリッチーの結婚以来、チコーネへのギャラ支払いは完全にストップ。その恨みが暴露本出版の導火線となったことはあきらかだ。

madonnabookn.jpg若い頃のマドンナの写真も満載。整形疑惑もあるが、
この写真から検証してみると……。

 リッチーより早くマドンナと結婚し、たびたび暴力事件を起こして離婚させられた俳優、ショーン・ペン。86年に夫婦で出演した映画『上海サプライズ』がボロボロにけなされて大コケ。これについては、マドンナとペンが監督らスタッフを無視して映画作りを勝手に進めてしまい、失敗すると口汚く罵りあうトホホな様子が辛辣に書かれている。チコーネは義兄ペンと「本物の兄弟になろう」と誓いあい、指をナイフで切って血を押しつけあう時期もあったようだが、総じてその”へタレさ”加減を見下していたと告白。ついに絶縁寸前となったとき、元ビートルズのジョージ・ハリスンが仲をとりもったという。

 恋多きマドンナは、バスケットボール界最大の変人と言われたデニス・ロッドマンとも浮名を流したが、これについてはマドンナの方がロッドマンにぞっこんでセックスをしたがっていたが、ロッドマンからはまるで相手にされなかったとチコーネは書いている。

 その他にも、コンサート前はいつもぶるぶると震えているほどナーバスでありながら、ボイストレーニングを普段から怠けてしないがために年々声がへたってきたという、アーティストとしてはある意味致命的な話や、マリファナやエクスタシーと呼ばれるドラッグでラリっていた様子、さらには彼女の初めてのセックス相手の話など、47年間一緒に暮らしてきた肉親が見た”リアル・マドンナ”が克明に描かれている。

 この本が6月に全米で発売された時にマドンナが受けた精神的ダメージは相当なものだったという。8月に控えていたワールドツアーやリッチーとの離婚騒動、A・ロッドとの不倫疑惑、そこへきての身内による暴露本騒動。心身共にボロボロだったマドンナにとって、心酔するカバラ教も役に立たなかっただろうと、当時のアメリカのタブロイド各紙は報じている。巻末には二人が和解したと思わせる表記があるものの、出版を境に姉弟は再び絶縁状態に。それが即ち、書かれている内容の深刻さを表しているともいえるだろう。

 一方で、ピークをとうに過ぎたマドンナのカリスマ性に疑問視する声があるのも事実。50歳になったマドンナのセックスライフを、今の日本人のどれほどが覗き見してみたいと考えているかは謎だ。いずれにしても世界中に翻訳が決定している今年最後で最大の暴露本。80~90年代に青春を生きた世代が当時をふり返りながら、年末年始にゆっくり読むにはちょうどいい本といえるかもしれない。

マドンナの素顔

ラッカッブァーズィーン♪

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 泰葉が暴露本出版へ!? 緊急会見の裏にアノ敏腕編集者の影
【関連記事】 竹内結子に一矢報いた!? 中村獅童の「暴露話」攻撃
【関連記事】 光GENJI脱退、離婚、仕事の不振…大沢樹生「衝撃自伝」を直撃!

最終更新:2008/12/18 16:00
こんな記事も読まれています

先行レビュー「マドンナ暴露本」日本語版のスゴい中身のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真