日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「恋の”から回り”!?」明石家さんまの視聴率崩壊に吉本涙目

「恋の”から回り”!?」明石家さんまの視聴率崩壊に吉本涙目

koikara.jpgNTV『恋のから騒ぎ』HPより

 明石家さんまのレギュラー番組の”視聴率崩壊”に所属の吉本興業が頭を抱えている。

「さんまは吉本内では別格扱いで、誰もさんまにクレームはもちろんのこと、視聴率アップのための助言さえできないんです。”視聴率崩壊”を手をこまねいて見てるしかないんですよ」(お笑い番組関係者)

 レギュラー番組は、軒並み視聴率が落ちているさんま。

「日テレの『踊る!さんま御殿』も、全盛時は20%を越えていたんですが、最近は10%台をキープするのがやっと。同じ日テレの『恋のから騒ぎ』は出演者との年齢のギャップから、から騒ぎじゃなく”から回り”になってます」(日テレ関係者)

 『恋から』は毎年、出演者のエピソードを基にしたドラマスペシャルを放送しているが、今年10月10日に放送されたドラマは視聴率6.6%。初の一ケタ台というワースト記録を作った。

「去年、長澤まさみと共演したTBSドラマ『ハタチの恋人』は平均視聴率が8%ちょっとという数字で大コケしましたからね。さんまの時代は終わったということです」と言うのは大物お笑いマネジャー。

「吉本の有能なスタッフがさんまにアドバイスできればいいんですが、彼は吉本の中では別格。幹部社員さえ、何も言えない。視聴率が落ちるのを見てるしかないんです」(吉本関係者)

 30年近く一線で活躍してきたさんま。いよいよ、賞味期限が近づいてきたのだろうか。

恋のから騒ぎドラマスペシャル LOVE STORIES DVD-BOX

ドラマ版はDVD-BOXも出てます。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「他にもっとないの?」 ”芸人殺し”徹子に、さまぁ~ずがリベンジ!
【関連記事】 “お笑い帝国”吉本興業をめぐる闇とケッタイな企業体質
【関連記事】 「見苦しい?」マンネリ進む明石家さんまの”抱き合わせ”商法
【関連記事】 “大御所”島田紳助と吉本興業幹部との抗争が勃発!?

最終更新:2018/12/07 18:56

「恋の”から回り”!?」明石家さんまの視聴率崩壊に吉本涙目のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

東方神起・ユンホ“19禁MV”の凄味

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどち...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真