日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > お年寄りの間で大ブレイク! ”鈍器”のような古典短編集

お年寄りの間で大ブレイク! ”鈍器”のような古典短編集

hyakunenshousetsu.jpg本書は昨年2月に同社から出版された『諸国物語』(世界の文豪21人の中・短編集)の姉妹編として生まれた。「今は情報がありすぎて、かえって素晴らしいものが埋もれている時代かもしれません。探しながら、迷ってしまう。だから、『これを読んでみてください』って提示する本を作りたくて」(野村さん)

 厚さ7.5cm、重さ2.2kg(ほぼ新生児の体重くらい!)。「辞書か!」とツッコみたくなるこの本の正体は、明治から昭和初期までの短編小説を集めた、箱入り豪華本。装画のほどこされた書簡を外すと、中には森鴎外などの文豪から牧野信一のようなちょっとマイナーなところまで、51人の作家による物語が詰まっている。しかし、本が売れないと言われがちな時代に、持って帰るのも大変そうなこの本、一体誰が買っていくのだろうか?

「読者からの感想ハガキは年配の方が多いですね。『我が家の百年本として永久保存します』などという感想を送ってくれた方もいました」(ポプラ社担当編集・野村浩介さん)

 お年寄りがこのゴツい本を! と驚くが、中を開くと、すべての漢字にルビが振られた文が美しく並び、どこかで見た古い本のよう。お年寄りにとっては、若い頃に読んだ本のようで、むしろなじみ深いのかもしれない。

「この時代の小説を読んで思うのは語彙の豊かさですね。日本語の幅が広い。意図的な当て字も多く、作家がこういうふうに読んでほしいと自らルビを振っている場合もあります。読むリズムを崩さず、日本語の美しさを満喫していただければと思い、総ルビにしました」(同)

 確かに「我愧しき此扮装」(尾崎紅葉『拈華微笑』より)なんて、ルビなしで「わがはずかしきこのみなり」とは絶対読めないが、「このふんそう」なんて読んでしまったら台無しだ。それにしても、人生の諸先輩方の、年を取っても衰えない読書欲、見習いたいものです……。
(文=編集部/「サイゾー」3月号より)

●『百年小説』
明治期に生まれた作家たちの短編を、作者の生年順に並べて編んだ一冊。各編の冒頭にある作者紹介には当時の文壇模様なども盛り込まれており、作品の背景まで踏み込むことができる作りになっている。
発行/ポプラ社
価格/6930円(税込)

百年小説 (単行本)

読書以外の使用は厳禁です。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 政界激震!? 元空幕長・田母神俊雄が”すべて”を語る本
【関連記事】 177人のママを撮った写真家・山田なおこの「現代スナック論」
【関連記事】 「工場に萌えるということ」先駆者2人が語る工場鑑賞の美学

最終更新:2009/03/06 16:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

お年寄りの間で大ブレイク! ”鈍器”のような古典短編集のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真