日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > JJサニー千葉 ダブル提訴は勇み足ではなかったか
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」Vol.14

JJサニー千葉 ダブル提訴は勇み足ではなかったか

sonnychiba.jpgJJサニー、御年70歳

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 2月中旬、俳優のJJサニー千葉(旧芸名・千葉真一)が記者会見を開き、京都で主宰する俳優養成学校「サウザンリーヴス ハリウッド京都」の運営において、体罰や借金、家賃未払いなどがあったと報じた「週刊文春」を提訴する意向を示した。同時に、滋賀県在住の知人K氏をパブリシティ権侵害で提訴する意向を示した。だが、あれだけマスコミの前で怪気炎を上げたのにもかかわらず、その後、大きな動きはない。

 筆者は長年の親友を通じて千葉と面識があるだけに、今回のトラブルについてはタッチしないつもりでいたが、このままでは千葉の尻に火が付いて、大恥をかかないとも限らないので、忠告の意味も込めて取材した結果を報告する。

 千葉は以前から「ハリウッドに進出できる俳優を育てたい」と俳優養成学校のスポンサー探しをしていた。そのときに出会ったのが、京都の実業家という触れ込みのM氏だった。2007年、M氏が運営会社の社長になり「サウザンリーヴス ハリウッド京都」はスタートした。

 ところが、すぐに味噌がつくことになる。昨年9月にM氏と親しい養成学校の関連会社のHが、愛知県在住の資産家女性に「サウザンリーヴス東京校を作りたいから」と言い、1000万円を騙し取ったとして、愛知県警に詐欺容疑で逮捕された。一方、M氏は、Hと一緒に資産家女性に何回か会っているにもかかわらず、事件の関与を否定している。

 二人を知る関西のマスコミ関係者が「実は、M氏とHを、別件の出資法違反の疑いで、大阪府警が捜査しているんです」という情報を提供してくれた。取材して見ると、M氏は以前、違う名前を使っての詐欺の前科があったのだ。

「千葉が知っているかどうかはわかりませんが、M氏とHは仲間です。2人は、千葉の名前を使って『ハリウッド進出の俳優養成学校に出資しませんか?』と、金を集めていたんです。中には数千万円投資した女性がいるようです。大阪府警は、出資法違反に当たると捜査してます」(前出のマスコミ関係者)

 M氏は臆面もなく、先日のJJサニー千葉の会見に同席している。さらに会見で千葉が、K氏への内容証明を報道陣に配布するという非常識な行為によって、思わぬ被害者が出てしまった。

 内容証明をもらって喜び勇んだTBSのワイドショーの取材クルーが、そこに書かれている住所を直撃したのだ。

「ところが、実際にはK氏の住所とは違っていたんです。間違って直撃された女性は恐怖に震えたとも言ってます。強引な取材で、女性リポーターにドアで指を挟まれ、怪我をしたとも聞いてます。それなのに、TBSからは、謝罪がないと怒ってました。被害届も出すようです」(前出のマスコミ関係者)

 一方、博物館やフジテレビのイベントに、千葉の私物を展示し、博覧会のチラシに千葉の肖像を使用したとして、パブリシティ権侵害で提訴されたK氏。そもそもK氏は、千葉やM氏とも昵懇で、昨年の夏までは歩調を合わせていた。ところがその後、何らかの内輪モメがあって、今回の騒動に発展しているのだろう。M氏が千葉を後押ししている可能性もある。

 問題になっているパブリシティ権侵害についても、K氏は千葉の事務所にきちんと了承をとってことを進めていたことが判明している。千葉の周囲のスタッフは、提訴や会見に反対だったというが、直情型の千葉はそれを振り切ってことを進めた。

 会見の仕切ったのは、千葉と面識があり、関西では裏社会にも精通する男性と、芸能レポーターの梨元勝。あんな会見を開いたことで、千葉についていけないと辞めたスタッフもいる。また、今後の大阪府警の捜査次第では、前述の疑惑で、千葉に火の粉が降りかかることもありうる。

 コブシを上げたのはいいが、千葉のこれまでの名声に傷が付かなければいいが……老婆心ながら、早く、M氏たちとの関係からは手を引いたほうがいいと忠告したい。
(文=本多圭)

激突!殺人拳 [DVD]

タランティーノも心酔した千葉ちゃんアクション。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 北野武次回作は「ヤクザ映画」に決定も”ファミリー”出演不可!?
【関連記事】 小向美奈子とつながるグレーな紳士たちの正体
【関連記事】 孤高の家元・立川談志が歩み続ける「死にぞこないの夢」の中

最終更新:2013/02/14 11:15
こんな記事も読まれています

JJサニー千葉 ダブル提訴は勇み足ではなかったかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真