日刊サイゾー トップ > 社会  > 高須基仁が野村沙知代の”嫌がらせ”訴訟に勝訴

高須基仁が野村沙知代の”嫌がらせ”訴訟に勝訴

takasumotojisaiban.jpg高須基仁(08年7月撮影)

 業界内の一部が注目していた裁判に判決が出た。サッチーこと野村沙知代が、かつての”側近”だった、「サイゾー」でもなじみの高須基仁を提訴していた裁判だ。

 高須氏は、昨年、雑誌「サイゾー」に掲載された自らの連載『私は貝になりたい』をまとめた書籍を、自身が経営するモッツ出版から同名で刊行。同書の中には、「サイゾー」連載時にも掲載していたサッチーや彼女の家族を写した写真が収録されていたが、サッチー側は、この写真は無断使用されたものであり、名誉を毀損するものだとして、高須氏に対して、1,100万円の損害賠償請求をしていたのだ。

「高須氏とサッチーは、数年前までは公私ともに昵懇で、その後、ちょっとしたトラブルがきっかけで、サッチーは高須氏のことを毛嫌いするようになった。まさに、昨日の友は今日の敵といった感じ。今回の裁判も、関係が悪化した故のもので、高須氏への嫌がらせ的な裁判という印象は拭えませんでしたね」(関係者)

 この裁判の判決が3月19日に東京地裁で下されたわけだが、結果はサッチー側の請求が棄却され、高須氏側の勝訴となった。高須氏は「表現の自由が守られた! 私はどんな攻撃に遭おうが『貝にはならない』!」と意気軒昂にコメントを発表しているが、あのサッチーがこのまま黙っているとは思えない。第二ラウンドも注目である。

私は貝になりたい

「女性礼賛」「徒手空拳」「暴力礼賛」(言葉の暴力)がテーマだそうです。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 四面楚歌で壊滅寸前!? エロ本生き残りの条件
【関連記事】 年間赤字50億円!? 週刊誌「フラッシュ」の光文社に倒産危機
【関連記事】 “芸能界のドン”に完敗しても私が彼らの追及をやめない理由

最終更新:2009/03/19 16:19
こんな記事も読まれています
関連キーワード

高須基仁が野村沙知代の”嫌がらせ”訴訟に勝訴のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真