日刊サイゾー トップ > 社会  > 鈴木宗男×青木理対談 「脅迫を行う検察に、真実などない!」
【緊急対談】いま検察と政治に何が起こっているのか?

鈴木宗男×青木理対談 「脅迫を行う検察に、真実などない!」

muneo_main.jpg「国策捜査」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、やはり
2002年に鈴木宗夫男氏と佐藤優氏が逮捕された
“収賄事件”だろう。

 国策捜査。時の政府の政治的意図や世論の動向を受けて、検察などの捜査機関により「まず訴追ありき」で進められる捜査のことをそう呼ぶ。司法やメディア関係者の間では、以前から口にされていた言葉だったが、佐藤優氏の『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮文庫)で使われたことで、一般に広まったとされている。

 本来、世論や政治の動向に左右されてはならないはずの捜査に、「国策」が影響を与えているとしたら……。

 国策捜査の恐怖を身をもって知る鈴木氏と、その内実に潜む矛盾や不公正を追及してきた青木氏との議論によって浮かび上がる特捜検察の暗部をしっかりと受けとめてほしい。

西松事件は誤情報を元に組み立てられた可能性あり

青木 小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」に、西松建設が違法な献金をしていたとされる件で、3月24日に東京地検特捜部が小沢氏の公設第一秘書・大久保隆規氏を政治資金規正法違反で起訴しました。衆院選を控えた大事な時期に事件化されたことで、「これは国策捜査ではないのか?」という指摘もあるわけですが、鈴木さんはどう見ていらっしゃいますか?

鈴木 やはり、ちょっと唐突な印象は受けますね。政治資金規正法違反は形式犯――つまり「うっかりミス」に近い違法行為ですから、まず任意で呼んで参考人聴取し、犯罪性があると認定された場合、被疑者として調べる、というのが常道です。にもかかわらず、最初の出頭ですぐさま逮捕してそのまま起訴するというのは、この手の事件にしては、いくらなんでも乱暴すぎると思います。

青木 鈴木さんが逮捕された時は、検察は上から下まで意思統一して「鈴木宗男をやるぞ」ということで動いたわけですよね。

 そして今回ですが、最高検や東京地検特捜部の一部幹部が暴走したとも囁かれています。ちなみに地検の谷川恒太検事は前の盛岡地検検事で、特捜部時代は、鈴木さんの取り調べをやった人物でもあります。特捜部は、どのような考えで動いたとお考えですか?

鈴木 私は、検察が真実ではない情報を基に、この事件を組み立ててしまった可能性があると思っています。

 現在、私の知り得ているところでは、西松建設からの献金の枠組みは、大久保秘書の前任者である高橋嘉信氏(元衆議院議員/小沢氏の秘書を約25年間務めた)が作ったとされている。高橋氏は現在、岩手県自民党第4選挙区支部長で、次期衆議院選の立候補予定者でもあります。小沢代表の秘書だった人が、同じ選挙区で小沢氏と戦うというのだから、これは尋常な関係ではないでしょう。彼が検察に上申書を出しているという話もありますが、だとすれば、どのような情報を上げているのか。それが客観的な事実であるとは限らないはずです。

青木 つまり、検察がそうやって前のめりになって捜査に踏み切った背景には、なんらかの「国策」や意図があったということですか?

鈴木 そうですね。少なくとも、検察は説明責任を果たしていない。これでは、国民が納得できず、なんらかの「意図」を疑ってしまうのは当然でしょう。具体的に今回の捜査の何がおかしいのかと言えば、問題にされているのが政治資金収支報告書に記載されている「表の金」だということです。裏金を隠し持っていたわけじゃない。ちゃんとした手続きを踏んで公開しているお金が「悪質だ」と言うなら、どこがどのように悪質なのか説明を尽くすべきなのに、検察はそれをしていません。

 私自身、堂々と領収証を切っていた表の金を問題にされ、あろうことか、斡旋収賄の疑いをかけられてしまった。堂々と公開している献金が収賄に当たるというなら、議員は皆が汚職政治家になってしまいますよ。

青木 そもそも私は検察の意図が疑われる背景に、バランスの悪さがあると思うんです。これは、民主党をやったら自民党もやるべきだ、という意味ではありません。

 検察は今回、西松建設から政治団体を経て小沢サイドに献金されるお金の流れが、ダミーの政治団体を使った一種の「迂回献金」に当たるとしている。しかし過去、「日本歯科医師連盟(日歯連)事件」などで自民党の大規模な迂回献金疑惑が持ち上がった時、検察はメスを入れませんでした。「なのに今度は、それをなぜ今やるのか?」という疑問です。

鈴木 日歯連事件では迂回献金先として、国家公安委員長である佐藤勉氏らの名前が挙がりましたよね。この件については、朝日新聞記者である村山治氏の著書『市場検察』(文藝春秋)に詳しく書かれています。同書の268ページには、「特捜部は、迂回献金システムを使って資金提供を受けた政治家をターゲットに据えた。その結果、浮上したのが、元厚生労働政務官の自民党衆議院議員、佐藤勉が国民政治協会経由で受け取ったとされる500万円の迂回献金をめぐる受託収賄疑惑だった。

 特捜部の調べでは、日歯連前常任理事内田裕丈は01年11月20日、東京・永田町の自民党本部で事務局長の元宿仁に現金3000万円を預け、佐藤ら5議員に渡すよう依頼した。元宿はその日、集金に来た銀行員に3000万円を預け、日歯連名義で国民政治協会の銀行口座に振り込むよう頼んだ。3000万円は数日間、協会の口座に置かれた後、他の献金1300万円にと一緒に自民党側に送金された。日歯連の収支報告書では3000万円1本の記載となっていた。帳簿では、『国政協へ寄付』とあり、備考欄に内訳と名前が書いてあった。幹事長や外務大臣経験のある大物衆院議員2人に各1000万円。佐藤勉ともう一人の中堅衆院議員に500万円ずつ、となっていた」とあります。これは職務権限を行使し日歯連に有利な働きかけをしたものであり、贈収賄で立件されなかったのが不思議です。

政府の意向に沿って捜査するのが検察の本能

青木 かつて自民党中枢にいらっしゃった鈴木さんだからこそ、あらためてお聞きしたいのですが、法務・検察官僚は自民党中枢の意向をうかがうことはあるんですか?

鈴木 「赤レンガ派」と呼ばれる、主として政策官僚としてキャリアを積む人たちは、国会を非常に大事にしていますよね。法務省もいろんな法案を抱えていますから、国会対策委員長なんかとの関係は非常に深くなります。

 例えば、法務官僚と強いパイプを持つ政治家には、自民党国対委員長経験者の古賀誠氏や、自由党・保守党で国対委員長を務めた二階俊博氏がいるわけです。

青木 じゃあ日歯連事件では、自民党政権が根底からひっくり返るのを危惧した「赤レンガ派」の検察が、あえて迂回献金問題に切り込まなかったということでしょうか?

鈴木 それもあるかもしれません。あの時は、事件をめぐるかなり具体的な情報が、メディアにも出ていました。そういった状況を受けて、おそらく現場の検事の間には、「捜査をやりたい、捜査を始めよう」という空気はあったんじゃないでしょうか。

青木 しかし、「赤レンガ派」の判断は違っていた、と。

鈴木 その可能性があります。特捜が手がける事件の捜査方針は、必ず最高検に照会しているわけですから。そして結果的に、あの事件では村岡兼造元官房長官がただひとり、政治家として在宅起訴された。日歯連から自民党橋本派(当時)に渡った政治献金1億円の裏金処理を主導したという罪状ですが、あれは濡れ衣ですよ。やはり政界から引退して、議員バッジを外していたことが致命傷になったんでしょう。政治と検察の間に 暗黙の了解があったのかもしれませんが、事件を一段落させるための落とし所として、検察に狙われたんです。

 しかも政治資金規正法違反のような形式犯で、一審で無罪と出たものが、二審で有罪になったのもおかしいですよ。逆ならばわかるんです。一審判決が有罪でも、公判を進める中で罪が晴れるということはある。裁判官も人間ですから、一審無罪・二審有罪となったのは、何かしら事情があるんでしょうが、やはり裁かれるほうとしては、怖いものを感じますね。
(続きは「サイゾー」5月号で/構成=李策/写真=水野嘉之)

●鈴木宗男(すずき・むねお)
1948年、北海道生まれ。83年に衆院議員に初当選。その後、防衛政務次官、外務政務次官、内閣官房副長官、自民党副幹事長などを歴任。02年、外務省をめぐる疑惑を受けて自民党を離党し、斡旋収賄の容疑で逮捕される。03年に保釈。05年の衆院選挙で、新党「大地」を旗揚げし、復活を果たす。

●青木 理(あおき・おさむ)
1966年、長野県生まれ。90年に共同通信社入社。大阪社会部などを経て、東京社会部で警視庁担当などを歴任。その後、ソウル特派員などをを務め、06年よりフリージャーナリストに。著書に『国策捜査 暴走する特捜検察と餌食にされた人たち』(金曜日)、『日本の公安警察』(講談社現代新書)などがある。

汚名 国家に人生を奪われた男の告白

鈴木宗男氏近著。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 佐藤優が分析する「インテリジェンスと陰謀論」の境界線
【関連記事】 【保守派、怒りの大反撃!】中山成彬×田母神俊雄×西村幸祐
【関連記事】 【副島×佐藤対談】世界を裏で操っているのは誰だ?

最終更新:2009/04/19 02:50

鈴木宗男×青木理対談 「脅迫を行う検察に、真実などない!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真