日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > ダチョウ倶楽部・上島竜兵が”竜兵会”で体現する「新たなリーダー像」
お笑い評論家・ラリー遠田の【この芸人を見よ!】第27回

ダチョウ倶楽部・上島竜兵が”竜兵会”で体現する「新たなリーダー像」

ryuheikai.jpg『竜兵会―僕たちいわばサラリー
マンです。』双葉社

 お笑い界には、いくつかの派閥があると言われている。そういったものの存在は、普段あまりあからさまになることはない。テレビの視聴者は、バラエティ番組の中で芸人が「このあいだ○○と飲みに行った」などとしゃべっているのを聞いて、彼らのプライベートでの人間関係を漠然と思い描くことしかできない。そういった芸人たちの派閥や対立関係は、ゴシップ誌などで面白おかしくネタにされることもあるが、いずれにしてもあまりはっきりした全貌はつかめない場合が多い。

 そんな中で、テレビでも公然とその存在が語られている異色の組織が1つだけある。それが、ダチョウ倶楽部の上島竜兵率いるお笑い芸人集団「竜兵会」だ。『アメトーーク』(テレビ朝日)などの人気番組に取り上げられたことで、その知名度は一気に上昇した。

 竜兵会とは、上島と彼を慕う後輩芸人たちの集まりだ。主な活動は、東高円寺の居酒屋「野武士」にて、酒を飲んでくだを巻くだけ。それでも、最近では土田晃之、劇団ひとり、有吉弘行といった一癖ある売れっ子芸人を次々に世に送り出している。

 竜兵会とはどういう組織なのか。お笑い界の他の派閥とはどこが違うのか。それを考えることで浮かび上がってくるのは、トップに立つ「上島竜兵」という男の特異な存在感だ。

 竜兵会の最大の特徴は、「利権がない」ということだ。多くの若手芸人にとって、先輩芸人と親しくなってその人の出ている番組に共演させてもらう、というのはかなり魅力的なことだ。それを狙って人気芸人とお近づきになろうとする芸人も少なくはないだろう。

 だが、竜兵会に所属してもそういったメリットはない。上島は現在、テレビで冠番組を持っていないからだ。いくら上島やダチョウ倶楽部に取り入っても、そこから直接の利益は得られないのである。

 もちろん、女性にモテるという意味でのメリットも限りなくゼロに近い。土田の話によれば、「上島さんと飲んでるんだけど」と言って知り合いの女性を誘っても、誰も来てくれないという。たとえ女性が来ても、シャイな上島は緊張してほとんどまともに口を利くことができない。こうして徐々に竜兵会は女っ気のない集まりになっていった。

 組織が腐敗するのは、そこに利権があるからだ。売れたい、モテたい、といった明確な目的意識を持って打算的な行動を続ける者が増えれば、組織の根幹が崩れてしまう。

 だが、竜兵会にはそんな心配はない。彼らは直接は何の利権にも結びついていないからだ。土田、有吉を筆頭に、一同はダメ人間である上島を罵り、容赦ないツッコミをいれる。彼らは独特の形の主従関係で結ばれているのである。

 4月12日発売の書籍『竜兵会―僕たちいわばサラリーマンです。出世術のすべてがここに』(双葉社刊)は、そんな竜兵会の各人のインタビューをまとめたもの。個性豊かな面々が、竜兵会における自分の立ち位置について赤裸々に語り、サラリーマンの世界でも通用する処世術の極意を伝授している。

 この本の中で、「竜兵会の広報部長」の異名を取る土田は、「あんまりいい話はしたくないんですけど」と前置きしながらも、竜兵会という組織の成立基盤に関わる重要な指摘をしている。

<以下、引用>
 上島、肥後が僕らの位置まで下りてきてくれて、何でも言いやすいような空気を作ってくれたから。そこが、あの人たちの唯一いいところで偉大なところ。
<以上、引用>

 上島、肥後のツートップが隙だらけのユルい雰囲気を作っていったからこそ、風通しのいい組織が生まれたのである。後輩芸人に次々と追い抜かれながらも、「子分肌の親分」として悠々と御輿に担がれている上島竜兵は、来たるべき時代の新たなリーダー像を提示しているのかもしれない。
(お笑い評論家/ラリー遠田)

●「この芸人を見よ!」書籍化のお知らせ

日刊サイゾーで連載されている、お笑い評論家・ラリー遠田の「この芸人を見よ!」が本になります。ビートたけし、明石家さんま、タモリら大御所から、オリエンタル・ラジオ、はんにゃ、ジャルジャルなどの超若手まで、鋭い批評眼と深すぎる”お笑い愛”で綴られたコラムを全編加筆修正。さらに、「ゼロ年代のお笑い史」を総決算したり、今年で9回目を迎える「M-1グランプリ」の進化を徹底的に分析したりと、盛りだくさんの内容になります。発売は2009年11月下旬予定。ご期待ください。

●連載「この芸人を見よ!」INDEX
【第26回】品川祐 人気者なのに愛されない芸人の「がむしゃらなリアル」
【第25回】タモリ アコムCM出演で失望? 既存イメージと「タモリ的なるもの」
【第24回】ケンドーコバヤシ 「時代が追いついてきた」彼がすべらない3つの理由
【第23回】カンニング竹山 「理由なき怒りの刃」を収めた先に見る未来
【第22回】ナイツ 「星を継ぐ者」古臭さを武器に変えた浅草最強の新世代
【第21回】立川談志 孤高の家元が歩み続ける「死にぞこないの夢」の中
【第20回】バカリズム 業界内も絶賛する「フォーマット」としての革新性
【第19回】劇団ひとり 結婚会見に垣間見た芸人の「フェイクとリアル」
【第18回】オードリー 挫折の末に磨き上げた「春日」その比類なき存在
【第17回】千原兄弟 東京進出13年目 「真のブレイク」とは
【第16回】狩野英孝 「レッドカーペットの申し子」の進化するスベリキャラ
【第15回】サンドウィッチマン 「ドラマとしてのM-1」を体現した前王者
【第14回】小島よしお 「キング・オブ・一発屋」のキャラクター戦略
【第13回】U字工事 M-1決勝出場「北関東の星」が急成長を遂げた理由
【第12回】江頭2:50 空気を読んで無茶をやる「笑いの求道者」
【第11回】バナナマン 実力派を変革に導いた「ブサイク顔面芸」の衝撃
【第10回】山本高広 「偶像は死んだ」ものまね芸人の破壊力
【第09回】東京03 三者三様のキャラクターが描き出す「日常のリアル」
【第08回】ジャルジャル 「コント冬の時代」に生れ落ちた寵児
【第07回】爆笑問題・太田光 誤解を恐れない「なんちゃってインテリ」
【第06回】世界のナベアツ 「アホを突き詰める」究極のオリジナリティ
【第05回】伊集院光 ラジオキングが磨き上げた「空気を形にする力」
【第04回】鳥居みゆき 強靭な妄想キャラを支える「比類なき覚悟」
【第03回】くりぃむしちゅー有田哲平 が見せる「引き芸の境地」
【第02回】オリエンタルラジオ 「華やかな挫折の先に」
【第01回】有吉弘行 が手にした「毒舌の免罪符」

竜兵会―僕たちいわばサラリーマンです。出世術のすべてがここに

人柄。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】  鳥居みゆき激白「人が死ぬコントは”生への願望”なんです」
【関連記事】 「誰も知らなかった『R-1』ファイナリスト」鬼頭真也の素顔
【関連記事】 キングオブコメディ 今すべての『誤解』を解く!?

最終更新:2013/02/07 12:57
こんな記事も読まれています

ダチョウ倶楽部・上島竜兵が”竜兵会”で体現する「新たなリーダー像」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真