日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > こ、怖すぎる! いにしえの猟師の暮らしを超リアル再現『平家狩人村』
【退屈巡礼】vol.16

こ、怖すぎる! いにしえの猟師の暮らしを超リアル再現『平家狩人村』

tokyokaseryo.jpg「平家狩人村」入口。すでにここでただならぬ空気を感じます。

この退屈なご時世に、退屈しのぎに退屈そうな場所に行ってみるシリーズ【退屈巡礼】。第16回は、「平家狩人村」へ行ってきました。猟師の生活を紹介する資料館、とだけ聞くと、どこにでもありそうな資料館なのですが……。村内の様子はこちらから

 この連載で紹介しているスポットは、内容がチープだったりいいかげんだったりするせいで脱力感や残念なムードがあふれがちなんですが、今回紹介するのは本格派です。

 その本格派スポットの名は、栃木県・湯西川温泉にある「平家狩人村」。そもそも湯西川温泉そのものが「逃げ延びた平家の生き残りが身を隠して住んでいた」という、ちょっぴり雰囲気ありすぎな由縁がある秘湯(別に本当に怖いワケではありませんので。念のため)なんですが、野趣に富んだ猟師料理が楽しめるのもここの特徴で、実際に狩りでしとめたクマ肉やシカ肉、さらに珍味としてサンショウウオの炙り焼きなんてものまで味わえる(ただし安定して捕獲できるものではないので、巡りあえるかは運次第ですが)という非常に濃~いお土地柄。

 そんな場所にある「平家狩人村」は、この土地に根ざした猟師の生活を紹介する資料館……といっても、これが尋常ではないディープさなんです。

 いちおうはココ、観光スポットのハズなんですが、入村するなりとてもそうとは思えない物悲しすぎる音楽が流れていて、気持ちもロービートにならざるを得ません。遊びにきたというよりは、間違って横溝正史作品にでも迷い込んだような錯覚に陥りそうです。

 さて、最初の展示室は山の動物たちがお出迎え……ですが、当然メルヘンチックなカワイイ動物などではなく、そこにあるのはひたすら生々しい剥製たち。時間経過とともにナチュラルに朽ちている動物たちと、ところどころに飾られている虚ろな視線が印象的なイケメン猟師の人形が後々まで消えない思い出として残りそうな展示室です。

 しかしこれはまだ序の口、ここから先が本当に”村”といえる造りで、小屋や茅葺きの家が立ち並び、その建物ごとにテーマが分けられた狩人ライフが紹介されているのですが、まず建物自体がこれまたリアルに作りすぎたせいで朽ちています。中には見たこともないキノコや菌類に覆われつつあるものもあって、軽く恐怖する人も居るかもしれませんが、展示の怖さはそんなものではありません。「解体小屋」ではクマを捌く様子が実物大ジオラマで紹介されていますが、さすがにクマは作り物なものの、周りにぶらさがる動物たちの骨や毛皮はすべてホンモノ! ちょうど見学に訪れたときは「何かの骨」が水洗いの最中だったようで、ただならぬムードに拍車をかけていました。

 他の小屋もとにかく動物の骨だらけで、本格的にもほどがあります。さらになんだか性的なものを連想させるアイテムが山盛りの小屋、さりげなくサンショウウオやヘビが漬けられた酒瓶(当然、すべてホンモノです)が並ぶ小屋に蚕の小屋……と、ヤワな方なら卒倒してしまいそうな施設でしたが、このむせ返るぐらいの濃さは必見! なにかとライトなものばかりが横行する今日このごろ、たまにはヤバいぐらい本格的なところもいいんじゃないでしょうか。

剥製がならぶ山のジオラマから展示はスタート。すべてが時間とともに朽ちて色褪せている、いろんな意味でゾクゾクする空間。


表情が絶妙な猟師の人形(よく見るとけっこうイケメン?)が侘しい雰囲気をさらに倍増させているような…。

小屋や家そのものが、テーマ別の展示室になっているという凝った造り。

写真では分かりにくいかもしれませんが、あまり見たことがないキノコでびっしり覆われつつあります。


「解体小屋」の様子。周りにぶら下がっている動物の骨がなんともヤバげなムード。

他の小屋でも、まず普通の人生では見ない量の動物の骨を堪能できます。


tokyokaseryo.jpg「山祭小屋」なる展示室。祭りというか、露骨に性的なものを連想させるアイテムが並ぶ小屋で、なんだか湿度高めに感じて仕方ありません。

とにかくあちこちの展示物が「ナチュラルに朽ちている」のが特徴なので、気になる人は早めに行かれることをお勧めします。

●ご利用の心得

・こんなご時世に「ホンモノ」を求める方には、温泉込みでたいへんオススメ。
・ひょっとしたら夢に出そうな体験をするかもしれないので、誘う相手はよく考えた方がいいかもしれません。
・温泉地の中心にある「平家の里」とは別物ですのでご注意を。(そちらはそちらで見応えあります)

●あまり親切でないご利用案内

■営業時間 午前8時30分から午後4時(10月~4月は午後3時30分まで)
■休業日 不定休(天候により臨時休業あり)12月から3月は冬期休業
■入場料 600円
■所在地 栃木県塩谷郡栗山村大字湯西川1658
■アクセス 東北自動車道・宇都宮ICから日光宇都宮道路に乗継、今市IC下車。国道121号を鬼怒川方面へ、さらに県道249号経由で湯西川温泉方面。公共交通機関+徒歩の場合、野岩鉄道・会津鬼怒川線湯西川温泉駅から東武ダイヤルバスで35分、終点からさらに徒歩40分……と、正直かなり困難な道のりです。(湯西川温泉からは連絡すれば送迎車ありとのこと)
※公式HPなし
(取材・文/大黒秀一)

入らずの森

平家の落人村伝説。

amazon_associate_logo.jpg

●連載「退屈巡礼」INDEX
B級だからこそ触れ合える! 『宇都宮動物園』でカバに餌付け
マニア必見!? レトロモダンな”団地”を完全再現『松戸市立博物館』
トラウマ必至の地獄絵図『伊豆極楽苑』がヤバすぎる!
「税金の無駄遣い!」山梨『大門碑林公園』は今日も閑古鳥
“暴走”するハコモノ!? マニア垂涎『彩の国ビジュアルプラザ』
年間10ヶ月オフシーズン『ほたるいかミュージアム』は大丈夫か
食べて満足!? 『駿河湾深海生物館』の深すぎるユル空間
B級スポット…じゃなかった!!『かまぼこ博物館』の超A級展示
謎の珍棒に「タッチ・ON」!? 那須高原『SLランド』で子供が号泣中
守衛も呆れる奇跡のダメハコモノ?『大型児童館 ビッグバン』
空飛ぶガマ!? がっかりを楽しむB級スポット『ガマ洞窟』
ユルいからこそ胸を打つ!?『関ヶ原ウォーランド』の反戦主張
世界の中心で「発祥」を叫ぶ!? 愛知『桃太郎神社』の本気な主張
そこに未来はあるか!? 『リニア見学センター』の意外な現実
これじゃ破綻も必然?『私のしごと館』に行ってみた

最終更新:2009/05/03 11:00

こ、怖すぎる! いにしえの猟師の暮らしを超リアル再現『平家狩人村』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

“箱の中身”が組み直すいくつかの関係

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真