日刊サイゾー トップ > 芸能  > 初回視聴率12.2%! 実写版『こち亀』初回大惨敗に頭を抱えるTBS

初回視聴率12.2%! 実写版『こち亀』初回大惨敗に頭を抱えるTBS

kochikame_hp.jpgTBS『こちら葛飾区亀有公園前派出所』HPより

 8月1日放送の香取慎吾主演ドラマ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(TBS)の初回視聴率が12.2%(ビデオリサーチ社調べ・関東地区)だったことがわかった。前クール同枠で放映されたキムタク主演ドラマ『MR.BRAIN』(初回24.8%)の半分以下となったこの数字。今クールのドラマの中では草なぎ剛主演『任侠ヘルパー 』(17.5%)はおろか、後輩である長瀬智也主演『華麗なるスパイ』(15.6%)、山下智久主演『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー』(15.5%)にも惨敗。「何十年も続くシリーズものにしたい」と意気込みを見せていた関係者は、この厳しい”洗礼”に早くも頭を抱えているという。

 5月には、ドラマ化決定を発表する内容の雑誌「週刊少年ジャンプ」表紙画像が事前に流出、熱心な原作ファンの間ではキャスティングへの不満や安っぽい衣装への批判の声が集まり、さらにはPRのための深夜の打ち上げ花火で近隣住民から苦情が寄せられるなど、放映前からありとあらゆる話題を集めてきた。TBSの力の入れようは半端ではなく、1カ月以上前から香取扮する”両さん”がさまざまなイベントに登場、スタート直前にはTBSのありとあらゆる番組をジャックするなど、なりふりかまわぬPR活動が行われていた。豪華ゲスト陣の登場も話題で、第1話にはあのビートたけしを投入。両さんをしのぐほどのはちゃめちゃぶりで場面を賑わせた。

「これだけ話題になったドラマですから、とりあえず1回くらいは見ておこう、と野次馬根性で観ていた視聴者も多かったはず。それでこの数字ですからね。2話以降がどんな数字を叩きだすのか……今から恐ろしいです」(ドラマウォッチャー)

 2話には加山雄三やオードリー、3話にはKAT-TUN田口淳之介、以降もSMAPメンバーのゲスト出演が企画されているというが、果たして視聴率アップは見込めるのだろうか。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 164巻

ラサールがほくそ笑んでる?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「週刊少年ジャンプ」流出で発覚! 『こち亀』がSMAP香取慎吾で実写化か
【関連記事】 『婚カツ!』より低いとは! 新”月9″『ブザー・ビート』視聴率が早くも危機
【関連記事】 10年ぶりの一桁視聴率……でも主題歌はオリコン初登場1位の中山優馬

最終更新:2009/08/03 15:57
こんな記事も読まれています

初回視聴率12.2%! 実写版『こち亀』初回大惨敗に頭を抱えるTBSのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...
写真