日刊サイゾー トップ > 社会  > 赤報隊虚偽告白記事 批判のジャーナリストに”報復”を目論む新潮社の愚
"噂の女"神林広恵のナイショの一説

赤報隊虚偽告白記事 批判のジャーナリストに”報復”を目論む新潮社の愚

sekihou.JPGどうなる「週刊新潮」……

伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ギョーカイの内部情報を拾い上げ、磨きをかけた秘話&提言。

 世紀の誤報といわれた「週刊新潮」による赤報隊の虚偽告白記事から半年が経った。

 「週刊新潮」が2009年2月5日号から4回にわたり、赤報隊事件の実行犯を名乗る男性の手記を掲載したが、これがまったくの嘘だった、という言論事件だ。

 だが新潮社はこの誤報事件を反省するどころか、とんでもない暴挙に出ようとしているとの情報がある。

 それがこの赤報事件を批判したノンフィクション作家・佐野眞一氏への報復だ。

「佐野さんは赤報隊事件の際、雑誌やテレビなどで編集者の劣化を指摘し、『新潮は社会的な責任を全く果たしていない』『いずれ休刊、廃刊もあり得る』と厳しく批判しました。佐野さんは雑誌ジャーナリズムに対する造詣も深く、雑誌ジャーナリズムを崩壊させかねないこの誤報事件に関しては、当然の批判だったと思います。しかし、新潮社はそうは思わなかったらしい。新潮社の中核雑誌の編集部などでは『これまで一緒に仕事をしてきた自分たちを批判するのは許さない』と、今後は佐野を使わない方針を検討しているというのです」(出版関係者)

 佐野眞一氏といえば、1997年に『旅する巨人――宮本常一と渋沢敬三』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した実力作家であり、また『東電OL殺人事件』や『阿片王 満州の夜と霧』など新潮社での仕事も多く、新潮社にとって縁の深い作家だ。また今年講談社ノンフィクション賞を受賞した『甘粕正彦 乱心の曠野』も新潮社から刊行されている。

 それを自分たちが批判されたという理由で――しかもその批判は至極当然のものなのに――切り捨てようと画策するとは、ジャーナリズム云々以前の問題だろう。

 佐野氏の著書に『だれが「本」を殺すのか』という作品があるが、今回の一件で『だれが殺すのか』が白日の下にさらされたといっていい。

だれが「本」を殺すのか

佐野氏、渾身のルポルタージュ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「週刊新潮」に登場した赤報隊実行犯”島村”の真偽
【関連記事】 二岡、小池、宮里……冴える「フラッシュ」の恋愛スキャンダル3連発!
【関連記事】 「生きた”小さなメディア”を作れ」若手評論家が語る「新聞・雑誌の死後」(前編)

最終更新:2009/08/10 19:00

赤報隊虚偽告白記事 批判のジャーナリストに”報復”を目論む新潮社の愚のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真