日刊サイゾー トップ > 社会  > やはり政界につながり!? 押尾学の保釈金400万円を用立てた”フィクサー”の正体

やはり政界につながり!? 押尾学の保釈金400万円を用立てた”フィクサー”の正体

 麻薬取締法違反で起訴された俳優の押尾学容疑者が8月31日夕方に保釈された。「金欠」であるはずの押尾に代わって、400万円の保釈保証金を払ったのは、意外にも”政界のフィクサー”と言われている熊取谷(いすたに)稔氏であることが関係者の取材で明らかになった。

「身元引き受け人は都内に住む父親なんですが、保釈金は、親交がある実業家が率いるグループ企業の幹部と報じられました。これは、熊取谷稔のことですよ。彼はパチンコ機製造販売『コスモ・イーシー』を中核にした企業グループのオーナーですからね」(経済ジャーナリスト)

 熊取谷氏は、大物政治家の故・金丸信や小沢一郎と近かった人物と言われ、リクルート事件のときにはNTTの真藤恒元会長の側近としても名前が挙がった。「そうしたパイプを生かして、パチンコ業界にプリベイトカードを導入しようと監督官庁の警察庁に働きかけた人物です」(マスコミ関係者)

 裏の世界では”政界のフィクサー”と呼ばれている熊取谷氏。実は、押尾被告と同氏の息子は昵懇(じっこん)で、くだんの”ヤリ部屋”で一緒に遊びに興じていたとされる。また、熊取谷氏の会社では、近々、押尾被告をモチーフにしたパチンコ台を開発するという話もあったようだ。

 当サイトでは、肝心の「女性変死事件」への捜査がなかなか進まない理由として、「大物政治家を含め、各方面からの圧力が存在するのではないか?」と訴えてきた。またここにも、その圧力の存在をうかがわせる「大物」が顔を出してきたわけだ。まだまだ、捜査の行方からは目が離せない。

フィクサー

この事件、映画化もありうる?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 押尾学のホステス変死事件で麻布署に圧力? 真相隠蔽の動きが活発化か
【関連記事】 押尾学を逮捕した麻布署が酒井法子とジャニーズ大物との関係を捜査中
【関連記事】 “のりピー”異例の追跡報道は「押尾学=政界ルート」のスケープゴート!?

最終更新:2009/09/01 11:00

やはり政界につながり!? 押尾学の保釈金400万円を用立てた”フィクサー”の正体のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...
写真