日刊サイゾー トップ > カルチャー  > まだまだ現役。大正時代のレトロなビルを収めたDVD『東京ビルヂング』

まだまだ現役。大正時代のレトロなビルを収めたDVD『東京ビルヂング』

tokyo_building.jpg『東京ビルヂング』ジェネオン・ユニバーサル

 ”ビル”といえばまず、六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどが頭に浮かぶが、それらの高層建築の先輩にあたるのが、銀座や日比谷に建つレトロ・ビルヂング。その多くが大正末期~昭和初期生まれで、経てきた年月を数えればおじいちゃんといったところ。今となっては”レトロ”と呼ばれるが、当時、鉄筋コンクリート建てにエレベーター搭載の西洋建築は最先端のものだった。

 大正12年(1923年)9月1日、関東大震災が起こり、東京は甚大な被害に見舞われた。政府は震災復興のため、インフラ整備に力を注ぎ、結果、地震に耐えうる多くのビルヂングが生まれたのだ。


 この『東京ビルヂング』は、大正から昭和40年代までに、ルネサンス様式やロマネスク様式といった古典主義建築様式で造られた、現存する15棟のビルを収録したDVDだ。ジャズやクラシックのメロディに乗ってビルが紹介され、落ち着いた風合いの映像となっている。銀行の社屋に商店の店舗、アパートメントに教会と、ビルの用途は様々。石造りで優美な装飾が施された建物は、荘厳で格調高く、歴史を感じさせてくれる。”くにゃっ”と曲がった手すりが可愛いらしく、踊り場の窓を飾るステンドグラスもオシャレだ。エントランス・ホールを彩るえんじや緑のモザイク・タイルがシブカッコイイ。

 懐古趣味、というとしばしば揶揄されるが、古い街並みを残していくことは、文化にとって大切なことではないだろうか。震災に戦災と、東京は二度、焦土となり、そのつど形を変えてきた。失ったものを取り戻すことは出来ないが、わずかに現存するものを守り、残していく努力は出来る。江戸の町並みはもう無いけれど、東京のレトロ・ビルヂングが、大正ロマンと呼ばれた時代の空気をあなたに感じさせてくれるだろう。
(文=平野遼)

東京ビルヂング

これがキッチュってやつ?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “ままならないかわいさ”『高架下建築』の魅力が詰まった写真集
【関連記事】 硬派な土木建造物を丸ごと集めた写真集『ドボク・サミット』
【関連記事】 純・木造駅舎の記憶と記録とノスタルジー 消えゆく鉄道遺産『木造駅舎の旅』

最終更新:2009/10/13 15:00
関連キーワード

まだまだ現役。大正時代のレトロなビルを収めたDVD『東京ビルヂング』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

   朝倉兄弟がこの夏、いよいよ主役に躍り出る!――総合格闘家の朝倉未来 (みくる・...
写真