日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「THE OUTSIDER 第8戦」魂荒ぶる戦慄の舞台裏レポート!(前編)
今回も超満員! 不良の格闘技大会@ディファ有明

「THE OUTSIDER 第8戦」魂荒ぶる戦慄の舞台裏レポート!(前編)

os_8_01.jpg今回も、ヤバイ奴らが火花を散らす!

 前田日明が主催する不良系格闘技イベント『THE OUTSIDER(ジ・アウトサイダー)第8戦』が11日、東京のディファ有明で行われた。優勝賞金100万円と”喧嘩最強”の称号を賭けて争う、65~70kg級トーナメントが今大会からいよいよ開幕。野村剛史、佐野哲也、吉永啓之輔、武井勇輝が1・2回戦を勝ち上がり、ベスト4進出を決めた。また、通常通りシングルマッチも行われ、全国から集まったアウトローたちがリングの内外で熱い火花を散らした。

 誰かが勝てば、誰かが負ける。悲喜こもごもな舞台裏レポートをお届けしよう。

os_8_02.jpg

“リアルマッドタイガー 解き放たれた虎”
大山勇樹(32歳)

 少年院2回、刑務所2回。施設生活12年を経て、シャバに出てきたこの男。スキンヘッドに、筋骨隆々の体。まるで金剛力士像のような佇まいである。試合前の控え室で恐る恐るインタビューを申し込むと、穏やかな口調で快諾してくれた。

──今日の対戦相手は渋谷莉孔選手。ブログで煽ってきたり、欠場すると嘘を言ったり、何かと挑発的な選手ですが、彼に対してはどのような印象を?

「まあ、自分とは生き方が全然違う、としか言いようがないですね」

──今日、会場で渋谷選手と会いましたか?

「ええ。会話もちょこっとだけしましたよ。向こうから『試合のときはエクステを外す』と言ってきました」

──大山さんのブログには「公開処刑する」と書いてありましたが、今もその気持ちに変わりはない?

os_8_04.jpg

「もちろん。潰す気でやります。2カ月かけてやってきたことを全部ぶつけます」

──この2カ月間、どのぐらいのペースで練習を?

「週に2~3回、1日2時間程度ですね。自分の場合、それ以上根つめてやると体を痛めちゃうんで」

──今日はどのような戦い方をイメージしてますか?

「自分の場合、立って打ち合うとパンチがどうしても大振りになっちゃうんで、タックルで倒してから殴る……という形を取れれば、パンチを生かせるんじゃないかと」

──パンチ力はどのぐらいありますか?

「200kgぐらいですね」

──すごい! とはいえ、大山選手の格闘技歴はわずかに2カ月。下馬評では「渋谷莉孔」の声が多いですが。

「そのほうが逆に楽しいですね。みんなが『渋谷君が勝つ』と言ってくれればくれるほど、それをひっくり返すのが面白いじゃないですか」

os_8_03.jpg

 しかし、下馬評は覆らず、大山は判定で敗れた。試合後に再び話を聞く。

──戦い終えた感想は?

「相手の組みつきが早くて、タックルで倒せなかったのが悔しい。序盤でスタミナを使い果たして2ラウンドにヘロヘロになるのがイヤだったので、ずっと飛び込むタイミングを見ていたんですけど……。ちょっと見すぎてしまったかな」

──試合後、リング上でどのような会話を?

「自分は『挑戦を受けてくれてありがとう』と。向こうは『怖かったです』と言ってました」

 遺恨は消えても、悔しさは消えない。「勝てると思って挑戦したんですけどねぇ……。残念ながらダメでした。また来週から練習を始めますよ。強くなって出直します」と再起を誓った。

os_8_05.jpg

os_8_06.jpg

“国士舘のリアルジャイアン”
剛田武(21歳)

 アウトサイダーで無傷の3連勝中。その強さのみならず、飄々とした言動でも人気のジャイアンこと剛田だが、今回の対戦相手は同じく3連勝中の中村トッシー。アウトサイダーファン、大注目の一戦である。

 決戦前にジャイアンの様子を覗きに行くと、黙々とシャドーボクシングをやっていた。タイミングを見計らって声をかける。

──お話をお聞きしてよろしいですか?

「(怪訝そうな顔で)話って、なんの話ですか?」

──試合に関する取材です。

「あ、いいですよ」

──今日はジャイアンさんの指名で実現した一戦ですが、トッシー選手を指名した理由は?

「強い強い言われてるし体重も近いから、ずっとやりたいなーと思ってました。やっと実現した、という感じです」

──トッシー選手の印象は?

「ホントに33歳なのかなー、っていう顔してる。ホントに33歳なんですかね?」

──ホントでしょう。ところでリングスのホームページを見ると、ジャイアンさんは、トッシー選手とまったく同じような格好をしてますね。服装のみならず、体の角度、顔の表情までほぼ一致しているのですが。

「あれは僕の日常風景。日常の狭間にちょっと着物を着て写真を撮ったら、たまたまかぶっちゃっただけです」

──コメントも「剛田……」に対し「中村……」と、アンサーソングのようになってましたが。

「あれも日常の狭間に発した言葉がたまたま掲載されただけです」

──前回大会から約2カ月経ちますが、その間、格闘スキルはアップしましたか?

「日に日に進歩しています。日進月歩です」

os_8_07.jpg

 ジャイアンの勝利を予想する声も多かったが、いざ試合が始まると一方的に殴られる展開になり、レフリーストップで無念の敗退。試合後の彼は茫然自失で目もうつろ。とても声をかけられる雰囲気ではなかった。

 やられっぱなしじゃ、のび太である。いじめっ子・ジャイアンの復活を待とう!

os_8_08.jpg
(後編につづく/取材・文=岡林敬太)

THE不良

すんげぇタイトル……

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 不良最強決定格闘技大会『THE OUTSIDER第7戦』鮮血レポ!(前編)
【関連記事】 「世界一安全なリングで好きなだけ暴れろ」THE OUTSIDER 第7戦展望
【関連記事】 『THE OUTSIDER第7戦』ラウンドエンジェルを恍惚激写!

最終更新:2009/10/21 21:00
こんな記事も読まれています

「THE OUTSIDER 第8戦」魂荒ぶる戦慄の舞台裏レポート!(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真