日刊サイゾー トップ > 芸能  > 押尾学事件 捜査線上に急浮上する「超大物アスリートK」の存在

押尾学事件 捜査線上に急浮上する「超大物アスリートK」の存在

azabu_sho00.jpg

 麻薬取締法違反(譲渡)の容疑で元俳優の押尾学容疑者の再逮捕が間もないとみられ、押尾容疑者に合成麻薬MDMAを譲渡したとされる知人と元マネージャーも逮捕される見通しだ。この事件に関して容疑の”本丸”とみられているのは、押尾容疑者と一緒にMDMAを使用して死亡した女性を長時間放置した保護責任者遺棄容疑だが、もう一つ世間が注目しているのは、いったい現場には押尾容疑者のほかに誰がいたのかという問題だろう。そうしたなか、急浮上しているのが、超大物アスリートKの存在だ。

日刊サイゾー総力特集!「押尾学事件」

「事件の際、押尾容疑者は元マネージャーら4人を現場に呼んだとされていますが、そのうちの一人に超大物アスリートのKがいたのは、ほぼ間違いないようだ」

 こう語るのは、この事件を担当している新聞社の現場記者だ。

 この事件に関しては、これまでも「大物政治家の息子も現場にいた」など様々な噂が飛び交っているが、そのうちの一つに、現場の六本木ヒルズの監視カメラに、Kや人気急上昇中のモデルで女優でもあるSの姿が映っていたという話があるのだ。

 最近、押尾容疑者と仲が良く、2人して六本木の高級クラブに出没し、豪遊している姿が目撃されるなどしていたK。このため、Kは事件後に現場に呼ばれたのではなく、押尾容疑者と一緒に「部屋でプレーに興じていたのではないか」といった憶測もささやかれていた。そうした話の多くが噂話の域を出ないものだったが、前出の記者は、警視庁の関係者からKが現場にいた話を聞いているという。ただし、Kについては「直接の捜査対象というワケでもないようだ」(前出の記者)ということで、どうやら事件後に呼ばれた一人という可能性が高い。

 そうはいっても、本当にKが事件後の現場にいて、沈黙を守り続けているとするなら、事件を隠蔽する意図があったのではないかということで、倫理的に問題視されることは確実だろう。さらに、もしも超大物のKに麻薬を使っての変態セックスを楽しむ親友がいて、世間の騒がす事件の現場にまで呼び出されるような深い関係だったということが公式な形で明らかになれば、スポーツ界を巻き込んだ一大スキャンダルとなることは間違いない。

 今回の再逮捕に当たって、警視庁の捜査幹部は、一部メディアの取材に対して「捜査で『その日』に何が起きたのか明らかにしたい」と宣言している。それだけに、Kについても今後、事情聴取などが行われる可能性も否定できない。

 また、押尾容疑者は、11月の判決公判で「法廷での説明は内容が不自然で信用しがたい」と裁判官から厳しく批判されており、たとえ捜査中に警察がKの名前が表面化させずとも、麻薬の譲渡や保護責任者遺棄について裁かれるだろう次の公判では、押尾容疑者側が真実を明らかにせざるを得ない状況に追い込まれることも考えられる。

 果たして「その日」の真相はどこまで明らかになるのだろうか。
(文=原田翔)

薬物乱用と人のからだ―イラストで見るドラッグの害

ほとんどホラーです。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 押尾学事件 ”元マネジャー”と”タダのチンピラ”含む3人の逮捕は7日か
【関連記事】 押尾学事件 説明責任を果さぬタニマチたちの不可解なマスコミ提訴
【関連記事】 「再々逮捕も時間の問題か」押尾学事件の闇人脈と奪われた銀座ホステスの夢

最終更新:2009/12/07 01:39
こんな記事も読まれています

押尾学事件 捜査線上に急浮上する「超大物アスリートK」の存在のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真