日刊サイゾー トップ > 社会  > 政治とカネを巡り激化する東京地検特捜部と小沢一郎の確執
"噂の女"神林広恵のナイショの一説

政治とカネを巡り激化する東京地検特捜部と小沢一郎の確執

ozawa0118.jpg逃げ切れるか!?

伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ギョーカイの内部情報を拾い上げ、磨きをかけた秘話&提言。

 政治とカネを巡り激化する東京地検特捜部と小沢一郎の確執

 民主党幹事長・小沢一郎の土地購入をめぐる事件で、元私設秘書で衆議院議員の石川知裕と、池田光智元私設秘書が東京地検特捜部に逮捕された。

 容疑は政治資金規正法違反(虚偽記入)。

 世論や大マスコミは「ついに小沢一郎の政治と金の問題にメスが」といった論調が大半だが、今回も昨年の西松建設事件と同様、不自然さが否めないものだった。

「昨年の西松建設事件では、公設第一秘書の大久保隆規を政治資金規正法違反で逮捕起訴しました。この逮捕の際もマスコミは、『小沢サイドが西松建設に請求書まで出した』『贈収賄隠も視野に』など検察情報を報じましたが、その後は尻つぼみ。今回も政治資金規正法違反という微罪の形式犯で、現役の議員まで逮捕するというのは異例です」(司法関係者)

 土地購入疑惑にしても、小沢の資金管理団体「陸山会」の政治資金収支報告書には、4億円の借り入れが記載されている。そのことは、数年前からマスコミも承知していたことだ。

「しかし今回の問題は当初『銀行からの融資』と説明されていた4億円が、後に小沢のタンス預金だったという石川供述があったということで、土地購入と金の流れに時間差ができた。そこで4億円のゼネコンからの裏金疑惑が出てきたんです。しかし実際には裏金の証拠は何も出てきていない。これまで、関連ゼネコンへの捜査やガサ入れまでしたのに具体的な話はなに一つないんですから。にもかかわらず、検察は盛んに”裏金疑惑が本丸”などという情報を流布させ、マスコミもそれに追随する筋書きで報道しています。微罪逮捕のいい訳にすら聞こえます。しかも、この預金は小沢夫人のお金だという説まで出ているんですからね」(前出司法関係者)

 検察情報を盛んに垂れ流し、世論を誘導して、事件を作る。これまでの特捜部の典型的パターンだ。

 さらに今回は検察だけでなく、アメリカ筋からも小沢に関する情報が司法記者に流れているという。

「中国寄りの外交姿勢や永住外国人の選挙権などを掲げる小沢を快く思っていない勢力は確かに存在します。実際今回の土地疑惑に関しても、検察幹部には『書類送検で終わり』という判断もあったようですが、強硬派が逮捕に踏み切った。政権交代や、小沢の権力集中などで、霞ヶ関には『これで小沢が辞任してくれればラッキー』という空気もあり、辞任しなくても”金権政治家”というイメージを確立できれば今後も小沢にプレッシャーをかけやすい、という思惑もあるのでしょう」(政治記者)

 さらに石川逮捕の直前、小沢は東京地検から任意出頭要請を断っている。これまでの小沢と特捜部の確執や、出頭拒否での面子を潰された特捜部など、さまざまな思惑が見え隠れしている。
(文=神林広恵)

民芸調引出箪笥

4億円入れるのも一苦労

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 小沢幹事長が鳩山首相を「激しい言葉で罵倒」 天皇陛下の”政治利用”問題
【関連記事】 小沢一郎民主党代表は犯罪者か、それとも国策捜査の被害者か!?
【関連記事】 いきなりの公約破りにネットで批判続出! 民主党が”脱・記者クラブ”を反古に

最終更新:2010/01/18 15:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed