日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 『アバター』『ハート・ロッカー』の一騎打ち!? アカデミー賞ノミネート作品が続々公開

『アバター』『ハート・ロッカー』の一騎打ち!? アカデミー賞ノミネート作品が続々公開

104_020_x19f_5ca16fa1f337a2.jpg(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

 2月2日、第82回アカデミー賞のノミネートが発表され、大ヒット中の『アバター』、賞レースで圧倒的な強さを見せている『ハート・ロッカー』がそれぞれ最多9部門で候補に上がった。受賞結果は3月7日(日本時間8日)に行われる授賞式で明らかになるが、主要部門の候補にあがった作品のうち、現在、日本で見られる映画、近日公開の映画をさらっていこう。


 まず、すでに『タイタニック』を抜いて世界興行収入歴代1位の座につく特大ヒットを記録中の『アバター』は、日本でも興行収入70億円を突破し依然として絶賛公開中だ。もはや社会現象化しつつあるほどの人気ぶりで、いまさら解説は不要だろう。ほかに日本で公開中なのは、作品賞と長編アニメーション賞にダブルノミネートされた『カールじいさんの空飛ぶ家』と、スタンリー・トゥッチが助演男優賞にノミネートされた、ピーター・ジャクソン監督の『ラブリーボーン』。ともにすでに評判を耳にしている人も多いであろう話題作だ。

 近日公開ものとしては、モーガン・フリーマン、マット・デイモンがそれぞれ主演・助演男優賞候補になった『インビクタス/負けざる者たち』が、今週末2月5日から公開というベストタイミング。南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンが、ワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を描いたヒューマンドラマで、監督は世界が敬愛するクリント・イーストウッドだ。続けて2月27日から公開されるのが『しあわせの隠れ場所』。スラム街に生まれた貧しい黒人青年マイケルが、裕福な白人女性リーに家族として迎え入れられ、アメフト選手としての才能を開花させていく姿を描く感動ドラマで、作品賞へのサプライズノミネートのほか、サンドラ・ブロックが主演女優賞に候補入り。日本でも知名度の高いブロックだが、実はこれまでアカデミー賞とは無縁。今回が初ノミネートとなり、現在のところ彼女が受賞するとの噂も高い。そんなブロックの強敵となるであろう、アカデミー賞の常連で、またまた主演女優賞にノミネートされたメリル・ストリープの『ジュリー&ジュリア』も、12月からすでに公開中だ。

 『アバター』『ハート・ロッカー』に続いて、8部門でのノミネートを受けたクエンティン・タランティーノ監督、ブラッド・ピット主演の『イングロリアス・バスターズ』は、昨年11月に公開済み。まだ名画座など一部でやっているところもあるようだが、残念ながら興行的には旬を過ぎてしまった。DVDの発売もまだ先だ。

 そのほかの作品賞候補作の多くは、受賞結果が出た後の3月~4月公開が多い。5部門6ノミネートの『マイレージ、マイライフ』は3月20日、ペネロペ・クルスが助演賞ノミネートの『NINE』は3月19日、作品・主演女優などで候補の『17歳の肖像』は4月17日、作品賞候補の『第9地区』は4月10日、作品・監督などの候補になった『プレシャス』はGW公開となっている(作品賞候補の中では唯一、コーエン兄弟監督の『ア・シリアス・マン』が日本公開未定)。

 そんな中、『アバター』と作品賞を競う『ハート・ロッカー』は、アカデミー賞授賞式目前の3月6日から公開されるので最注目だ。2004年のイラクを舞台に、爆弾処理を任務とする米兵たちの過酷な現実を描いた戦争ドラマで、アカデミー賞に至るさまざまな映画賞でも、すでに多数の受賞を受けている。それらの成績だけ見れば、もっともアカデミー作品賞に近い作品といえるのがこれだ。監督のキャスリン・ビグローは、もし監督賞を受賞すれば、アカデミー史上初の女性監督の受賞という快挙。そして、さらに面白いのが、ビグロー監督は『アバター』のキャメロン監督の元妻であるという点。『アバター』『ハート・ロッカー』はともに9部門で最多ノミネートを受けており、文字通り一騎打ちの様相を呈しているが、それらが元夫婦の作品だという前代未聞の事態が巻き起こっているのだ。

 ノミネート作品はいずれもクオリティの高い作品ばかり。受賞結果が出るまで約1カ月、見られる作品は限られているが、それらの作品を見て受賞予想をしてみるのも楽しいだろう。
(文=eiga.com編集部・浅香義明)

第82回アカデミー賞ノミネート作品一覧
<http://eiga.com/buzz/20100202/22/>

『アバター』作品情報
<http://eiga.com/movie/53184/>

『しあわせの隠れ場所』作品情報
<http://eiga.com/movie/55114/>

『第9地区』作品情報
<http://eiga.com/movie/53212/>

『17歳の肖像』作品情報
<http://eiga.com/movie/55161/>

『ハート・ロッカー』作品情報
<http://eiga.com/movie/53910/>

『イングロリアス・バスターズ』作品情報
<http://eiga.com/movie/53973/>

『プレシャス』作品情報
<http://eiga.com/movie/55097/>

『カールじいさんの空飛ぶ家』作品情報
<http://eiga.com/movie/53508/>

『マイレージ、マイライフ』作品情報
<http://eiga.com/movie/54872/>

『インビクタス/負けざる者たち』作品情報
<http://eiga.com/movie/54387/>

『ジュリー&ジュリア』作品情報
<http://eiga.com/movie/54436/>

『ラブリーボーン』作品情報
<http://eiga.com/movie/53190/>

『NINE』作品情報
<http://eiga.com/movie/53226/>

タイタニック

久々に観てみたい。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “3D映画元年” 巨匠キャメロンが満を持して挑むSF大作『アバター』
【関連記事】 冒頭10分間がスゴい! ピクサー最新作『カールじいさんの空飛ぶ家』 
【関連記事】 タラとブラピが組むと、こーなった!! 戦争奇談『イングロリアス・バスターズ』

最終更新:2010/02/05 21:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed