日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 宇多丸さんの至言「人にはだいたい『ちょうどいい』ところがあるんです」(後編)
【第10回】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談

宇多丸さんの至言「人にはだいたい『ちょうどいい』ところがあるんです」(後編)

akariutamaru02.jpg

前編はこちらから

 寝床の近くにエアガンが置いてあって、弾は入ってないですけど「死にたい!」ってときにパッと手にとって、自分のこめかみにシュパパパパ!! とやるわけです。

──すごい! でも、気持ちは分かります! 街を歩いててふと虚無感に襲われたり夜中に「死にたい」ってなったとき、妄想で見えない銃口を自分にあてるんですよ、何回も……。

 はい、そこでお勧めしたいのがエアガンセラピーですね!

──エアガンセラピー?

 そんなときに自分をエアガンでパンパンパンッ! ってやるとですね、危険はないんですけど、やっぱりちゃんと少し怖いんですよ、(引き金を)引く瞬間。ちゃんとガスも入れてますから、撃つと強い空気がパッと当たる。そうすると意識が、ふぁ……ってなって、けっこうスッキリするんですねー。

──それ、良いですね!

 で、なおかつエアガンを置いておくと攻撃にも使えますからね。一人でテレビ観ながら突然こう、「なーに言ってんだよお前!」パーン! といけますし。

──爽快そうですね!

 スッキリできるんですよ。少なくとも「死にたい!」から脱する距離は短くなるし、けっこう健康的に発散できるんですよね。

──それは健康的と言い切れるかどうか分からないですけど、死にたい死にたいと思うよりはずっと健康的ですね。決めた! 私、やる! エアガン買います! やったー! 解決……じゃないや。えーと、アイドルの現役感を出すためと、アイドルとしての今後についての相談を……あの、宇多丸さんもお仕事でたくさんアイドルとお会いしてると思うので……。

 アイドルですか? 会わない会わない! ぜんぜん会わないです! Perfumeと小明さんくらいですよ!

──うわ、少ない! そしてすごい並び!

 でも、アイドルは大変ですよね。僕が風の噂で聞くアイドルたちは、「え!? そんな!! 梶原一騎の漫画みたいな芸能界って本当なの!?」っていう感じですよ。だから、小明さんはまだ幸せなルートじゃないですかね。小明さんのまま居場所を見つけてるわけですから。

──確かに騙されたりはしましたけど、そこまでハードボイルドな目にも遭ってないし、デビューしたとき下手にキャラを作って続かなくなってボロが出て面倒くさかったくらいです。

 そうそう。それに、小明さんに地上波の仕事がいっぱいあって忙しくって……みたいな状態って、多分良くないですよ。

──確かに、そんな自分は想像つかないし、絶対無理です……。

 まぁ、アルバム『マニフェスト』の中でも言ってますけど、やっぱり「ちょうどいい」ところがあるわけですよ、その人にとって。だから、小明さんのままで規模を少しづつ広げるという程度のことを考えたほうが良いんじゃないですか? 「BUBKA」や「サイゾー」で連載、TBSラジオ出演、着々と進んでるじゃないですか! 勝ち組ですよ!

──「BUBKA」と「サイゾー」で勝ち組! 私のこと勝ち組なんて言う人、宇多丸さんくらいですよ! でも、本当に無理して身分不相応なところにいるの、疲れちゃいますしね……。この間も、ひょんな流れで芸能人主催の華やかなパーティーに行ったんですよ。

 すごいじゃないですか!

──本当にたまたまだったんで観光気分だったんですけど、そこで会ったある有名アイドルグループ出身のタレントさんと、お会いするの2、3回目だったんで挨拶させてもらったんですけど、あまりに無表情で……。私はその場に浮かないように精一杯のニコニコなパーティーテンションで話しかけちゃっただけに辛かったです……。何て話しかけても「ああ、ハイ」「ハイ、ハイ」で、やっぱり自分なんかに話しかけられたら迷惑だったのか!? と、悲しかったですよ。

 すごい仕事量をこなしてると、基本的に雑になってくるのは否めないと思いますよ。でも、そういうところでの雑さはプロとして良くないですよね。

──口の片端あげて微笑むくらいタダなのに……。

 そうそう。だからそこで、魔法の言葉『す・い・ま・せ・ん』ですよ!

──あははは! なるほど!

 だから、実はロクに分かってなくても、こうやって「サーセン、サーセン!」って。無表情で「ハイ」の人と気持ちの中身はたいして変わってなくても、別に悪い感じがしない。

──それ、やっちゃいます! とりあえず「サーセン」!

 でも、それに対して敏感な人は「サーセン」に若干の不誠実さを感じるはずなんですよね。

──やっぱり同じタイプの人間にはバレるんですかね……。

 そうなんです。だから我々もあんまり人のこと言えないですよ。でも、やっぱりそういう場で感じ良くしとくのは大事です。だって、こうやってみんなに伝わってくわけだから。

──私なんて良い広告塔になりますよ! しょこたんとか安めぐみさんとかスザンヌちゃんとか、そういう忙しくて疲れてるのに感じの良かった人を悪く言う人は「お前はわかってない!」って論破しにかかりますもん。

 いいね! 広告塔だし、こういうとこで言うぞ! お前らランク的に下とか思ってるかもしんないけど、こっちは「BUBKA」執筆陣なだけに業界のルールとか関係ねーし、言うときゃ言うよ、この野郎! 意外と影響力あるところで陰口かくぞ! と。

──あはは! あまりに酷いことされたら、影響力あるところに書くぞ! ですね。どうせこっちは圧力かけられて干されるほど仕事してないですし!

 気をつけてほしいですよね。あんまナメてると、言うよ!!

──フリーの糞虫だと思ってたら意外と爆弾だぞ!!

 そうだ! そうだ! ……はい、こういうこと言ってっから、駄目なんでしょうね。

──ええ、駄目ですね……。もうちょっとしっかりとした人間になりたいな……

 ね……なんか、すいませんっした。

──あ、いえ、こちらこそすいま……じゃなくて、ありがとうございました。エアガン買ってきます!
(取材・構成=小明)

宇多丸(うたまる)
1969年生まれ。ヒップホップグループ「ライムスター」MC。また、ラジオDJ、評論執筆など、その活動は多岐に渡る。2月3日より、ライムスターとして4年ぶりのオリジナルアルバム『マニフェスト』(キューンレコード)が発売中。

小明(あかり)
1985年、栃木県生まれ。02年、史上初のエプロンアイドルとしてデビューするも、そのまま迷走を続け、フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。初著アイドル墜落日記(洋泉社)での自虐っぷりが一部で評判を呼んでいるとかいないとか。
ブログ「小明の秘話」<http://yaplog.jp/benijake148/

マニフェスト

おかえり。

amazon_associate_logo.jpg

小明の「大人よ、教えて!」”逆”人生相談バックナンバー
【第9回】  桜木ピロコさんの至言「あたしいつもだいたいいやらしいことしてるもん!」
【第8回】 伊集院光さんの至言「結局、うんこを食うしかない状況になるんです」
【第7回】 ルー大柴さんの至言「ライフっていうのはマウンテンありバレーありです」
【第6回】 大堀恵さんの至言「私、いつも『アンチ上等』って思ってるんです」
【第5回】 品川祐さんの至言「なったらいいなと思ってることは、だいたい実現する」
【第4回】 福本伸行さんの至言「俺は『面白いものを作ろう』じゃなくて、作れちゃう」
【第3回】 大根仁さんの至言「ネットの書き込みなんて、バカにしていいんじゃない?」
【第2回】 杉作J太郎さんの至言「そんなことより『ファフナー』見ろ、『ファフナー』を」
【第1回】 河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」

最終更新:2018/12/19 15:05

宇多丸さんの至言「人にはだいたい『ちょうどいい』ところがあるんです」(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真