日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 『北斗の拳』原哲夫も太鼓判! ゲームソフト『北斗無双』完成披露発表会

『北斗の拳』原哲夫も太鼓判! ゲームソフト『北斗無双』完成披露発表会

B-1.jpg迫力のアクションは、ファンならずとも必見!

 3月3日、ゲームソフト『北斗無双』の完成披露発表会が行われた。同ゲームは、コーエーが誇る人気アクションゲーム「無双シリーズ」と、伝説のマンガ『北斗の拳』(集英社)のコラボレーションにより誕生。「無双シリーズ」特有の爽快な操作感はそのままに、原作の壮大な世界観を魅力的に再現している。

 この日は、プロデューサーの鯉沼久史氏が登壇。実際のプレイ画面を交えながら、マンガ原作に沿い拳王・ラオウとの戦いまでを描いた「伝説編」と、ゲームオリジナルストーリーがプレイできる「幻闘編」の2つのモードを説明し、「『北斗の拳』を知っていても楽しめるようなモードになっています」と、無双シリーズファンだけでなく、原作ファンも満足できることをアピールした。

C.jpg谷村奈南さんはビデオメッセージで登場

 スクリーンには、同作にユリアとマミヤをイメージした楽曲で参加している、アーティストの谷村奈南によるビデオメッセージが映し出され、「3月6日、7日に開催される、KOEIさんの戦国武将祭りに私も出演します。今日は『北斗無双』楽しんでいってください!」と笑顔でコメント。続いて『北斗の拳』の作画を担当し、同ゲームのキャラクター監修を務めた原哲夫氏がスクリーンに大きく映し出され、「肉体の描写や、キャラクターの性格付けなど、かなり細かいところまで意見を言わせて頂きました。その結果、大変クオリティーの高いものができたと思います。新しい『北斗の拳』が誕生した」と語り、満足のいく仕上がりになった様子がうかがえた。

H.jpg会場では、守り神の如く、等身大ケンシロウがお出迎え

 会場には、『北斗無双』をいち早くプレイできる試遊機が多数設置。原作ファンにはお馴染みの「北斗百裂拳」や、「北斗有情拳」といった”一撃必殺”アクションがあちらこちらの画面で繰り出され、試遊会場はプレイヤーたちの熱気に包まれた。またケンシロウの等身大フィギュアや、原作者による直筆イラスト、さらに飲料メーカー・ポッカとのコラボ商品「北斗の缶」の展示などもあり、会場はまさに『北斗の拳』一色。

F.jpg試遊コーナーには人があふれ、熱気に包まれた
G.jpgポッカとのコラボ商品や、原作者による直筆イラストの展示も

 『北斗無双』は、PlayStation(R)3とXbox 360(R)にて、3月25日発売予定。ケンシロウの原作コスチュームがダウンロードできる初回特典や、キャラクターボイスクロックなどが同梱された『北斗無双 TREASUREBOX』(数量限定生産)も要注目だ。

北斗無双

3月25日発売

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 KOEIの新作ゲーム『北斗無双』制作発表イベントに超豪華メンバーが大集結!
【関連記事】 TGSが大胆方向転換! アジアユーザーのための世界最大のイベントをめざす
【関連記事】 進む”二極化”……『マリオ』が大ヒット中でも笑えないWiiのヤバい現実

最終更新:2010/12/07 19:56

『北斗の拳』原哲夫も太鼓判! ゲームソフト『北斗無双』完成披露発表会のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真